授業の流れ ―登校から下校まで―

ここでは授業の流れの一例を、登校から順を追って紹介しています。SAPIXの授業を生活のサイクルに組み込んで、一緒に志望校合格を目指しましょう。

1. 安心メール

「安心メール」は、登下校の際、校舎に設置されたカードリーダーにSAPIXの生徒証(生徒IDカード)をかざすことで、あらかじめ登録されたメールアドレスに入退室時間を送信するシステムです。また、「マイページ」から入退室履歴を確認することもできます。

授業前の時間も
有効活用できます。
分からないところがある場合は、授業前の時間などを利用して、積極的に質問してください。講師が生徒の皆さんに目を配り、声をかけます。また、授業の30分前には自己学習用のプリントも用意します。早くSAPIXに着いても、質問をしたりプリントを解いたりと、時間を有効活用できます。

2. 授業スタート*→確認テスト 18:30

※授業スタート時間は一例です。学年や曜日により異なります。

出欠をとって、生徒一人ひとりの様子を確認。授業の最初には確認テストを実施し、前回までの復習や知識の定着度を測ります。

3. テキスト配付

毎回の授業で一冊のテキストを配付します。初めて見る問題を講師とともにその場で考えることで、「公式や暗記に頼らない思考力」を養います。また、授業と家庭学習(宿題)で一冊を解ききり、各回一冊で一単元を習得することを毎週繰り返します。

» オリジナルテキストの詳細はこちら

4. 双方向授業

SAPIXの授業は一方的な講義ではありません。講師からの発問を基に、生徒と講師の対話で授業が進んでいきます。講師は問いにおける着眼点や「なぜそのように考えるのか」を重視。生徒は授業の中での議論を通し、さまざまな着眼点に触れ、試行錯誤しながら智恵をしぼることで、自ら考える力、自ら発信する力を身につけていきます。新鮮な気持ちで授業に臨み、初めて見る問題に集中して取り組むことが大切ですので、SAPIXの授業では、予習が不要です。

5. 授業終了* 21:30 →登校・下校

※授業終了時間は一例です。学年や曜日により異なります。

授業前と同様に、必要に応じて質問対応や生徒への声かけ、学習相談を行いますが、学校生活に支障をきたさないためにも22時までには完全下校とします。
ページトップへ