SAPIXの公開模試 ― どなたでも受験できます(塾での団体参加もできます) ―

SAPIXの公開模試は、首都圏難関高校を志望する生徒たちを受験指導する講師自らが作題し、最新の入試動向を反映させた問題を厳選しています。
知識量がそのまま点差に直結してしまう問題ではなく、複数の資料から必要なデータを読み取って解答する記述問題など、考える力を試す問題が多く出題されます。ですので、現時点での思考力を実戦に即して測るのに最適な模試です。

2017年度 公開模試スケジュール

実施日 模試名 対象 男子志望校 女子志望校
03/12()
実施済
サピックスチャレンジテスト 新中3生
05/14()
実施済
第1回 サピックスオープン 中1・2・3生
07/02()
実施済
第2回 サピックスオープン 中3生
09/17() 第3回 サピックスオープン 中1・2・3生 志望校コード(中1・2生)
志望校コード(中3生)
志望校コード(中1・2生)
志望校コード(中3生)
11/19() 第4回 サピックスオープン 中3生
サピックスチャレンジテスト 中1・2生
11/23(木・祝) 学芸大附高入試プレ 中3生
筑駒高入試プレ 中3生
12/03() 都立日比谷・西高入試プレ 中3生
都立進学指導重点校入試プレ 中2生
12/17() 慶應志木高入試プレ 中3生
早大学院入試プレ 中3生
早慶高入試プレ 中2生
12/23(土・祝) 開成高入試プレ 中3生
慶應女子高入試プレ 中3生
慶應義塾高入試プレ 中3生

ここに注目

実施後3日以内にwebで公開

成績速報
マイページ成績速報【総合成績表】例
いくつでも可能な志望校判定
マイページ上の志望校判定 例

[画像クリックで拡大]

※成績表上の志望校判定用に登録できる学校は5校までですが、SAPIXマイページ上では、何校でも志望校判定を行うことができます(成績速報公開後、いつでも自由に操作することができます)。

豊富なデータが掲載された個人成績表

①総合成績表

ハイレベルな母集団で自分の位置を確認

総合成績・科目ごと・男女別など、さまざまな視点からSAPIX生との比較が可能です。また、科目ごとの到達度が一目で分かるので、今後の学習に役立ててください。
※選び抜かれた全国トップレベルの学習塾で、模試を受験いただくこともできます(※SAPIX指定の学習塾かつ、最上位クラスに所属している方が対象です)。

評価欄の目安

A 全国基準偏差値74を超えている
B 全国基準偏差値73〜69
C 全国基準偏差値68〜66
D 全国基準偏差値65〜63
E 全国基準偏差値63に届いていない
総合成績表

総合成績表

科目別偏差値

科目別偏差値

②志望校判定

SAPIX中学部本科生の合否基準に自分をあてはめてみよう

最大5校までの志望校判定が可能です。SAPIX中学部の志望校判定は、本科生のデータのみから判定し、模試生や講習生のデータは含んでいません。本科生は継続的に通塾しているので、詳細な分析が可能となり、母集団の変動に左右されることのない正確なデータを提供することができます。
※SAPIX中学部の偏差値の目安についてはコチラをご覧ください。

志望校判定

志望校判定

一目で分かる合格最低予測ライン

SAPIXの本科生は常に高い意識を持って学習に励んでいます。例え志望校の合格偏差値に届いていなくても、果敢に受験にチャレンジし合格をつかみ取る生徒たちが毎年多くいます。まずは、提示されている合格予測ラインを目指しましょう。

合格ライン

合格ライン

③分野別・単元別データ

さらに詳細な分析で自分の弱点を探る

分野別・単元別にまとめた分析用データです。
レーダーチャートにて分野ごとのばらつきを確認することができ、さらに各問題を全体正答率と比較できるので、より一層自分の弱点が鮮明になります。全体正答率が80%超の設問は、必ず正答したい問題ですし、逆に20%弱の設問ならば、正誤が総合成績にあまり影響していないことが分かります。科目別アドバイスを参考にしながら志望校合格を目指しましょう。

大問別正答率

大問別正答率

小問別正答率 科目別の学習アドバイス

小問別正答率・科目別の学習アドバイス

得意な分野・苦手な分野などを、蓄積されたデータからより細かく分析

今まで受験した模試の結果データから、あなたの得意・不得意分野が一目で分かるので、単元学習の指針となります。
苦手分野を効率的に学習するのに役立ちます。

項目別蓄積

項目別蓄積

成績推移グラフで見つめ直そう

大切なことは、模試を継続して受験することです。このことにより皆さんの成績データが蓄積され、より正確な自己分析が可能です。成績の波や模試ごとの科目間のバランスなどとしっかりと向き合い、より効率よく成績をアップさせましょう。

成績推移グラフ

成績推移グラフ

学習に役立つさまざまな受験資料

合否に影響する科目間バランスにも注目

下のグラフはある高校の合格者(薄い色)と不合格者(濃い色)の科目別偏差値データの比較です。男子は英語や国語、女子は数学が特に合否を分けていることが読み取れます。こうしたデータを今後の学習に役立ててください。

科目別偏差値データ

[画像クリックで拡大]

入試難易度を左右する成績優秀者の志望動向

難関高校の募集定員は決して多くはありません。したがって、全体の応募倍率に踊らされることなく、受験生のどの層が志望しているのかを冷静に見極める必要があります。

例えば下のB高校の例では、7月度の倍率の高さから、偏差値55未満の受験生が志望を回避したと見て取れます。その結果として全体の受験倍率は低下するかもしれませんが、成績優秀者の人気は相変わらずで『少数激戦』が予測できます。

偏差値レンジ 50~55未満 55~60未満
7月 9月 7月 9月
A高校 98.3 101.1 100.2 106.4
B高校 101.3 90.7 120.5 107.1
ページトップへ