特徴的な理社のカリキュラム

難関校受験だけでなく、教養としても不可欠な理科・社会の知識。SAPIXのカリキュラムには、理解と定着を助ける2つの仕組みがあります。

①テーマ学習

あらゆる分野・単元の知識を用いて取り組むテーマ学習で、生徒の知的好奇心を刺激します。断片的な知識を詰め込むのではなく、知識を使って考えながら覚えることで、確かな理解へとつながります。

例[社会] テーマ「 身近な食物と世界の気候」

我々の身近にある食物はどのような地域で栽培され、どのように日本に伝わったのか。
身近な食物を題材に「地理」「歴史」を学び、「現代社会が抱える問題」にまで考察を広げていきます。

②らせん型カリキュラム

公立中学校3年間の学習内容を1年間で一巡し、これを毎年繰り返します。このらせん型カリキュラムで同一分野を何度も学習し、定着を図るとともに理解の度合いを深めます。

例[理科] 小6「さまざまな化学反応」→ 中1「化学反応式」→ 中2「イオン」→ 中3「化学分野総合演習」

小6・中1で化学変化の初歩を、中2 で物質の成り立ちや変化を学び、中3で実戦的な内容に取り組みます。
ページトップへ