保護者会・保護者面談

保護者会

小6~中3生は、前期・後期の2回、保護者会を実施します。現在の学習状況や今後の課題、最新の入試状況などについて、担当講師より詳しくご説明します。保護者の方々からのご意見もうかがい、より的確な学習指導を目指します。

保護者面談

5月~7月、10月~1月にかけて実施します。SAPIX中学部に蓄積されたデータや情報、豊富な指導経験を活かし、学習や受験校選定などに関して面談します。もちろん、上記の期間以外にも、随時、電話相談や面談を承ります。

保護者の方々の声

  • 2017年、2018年の『保護者体験記』にお寄せいただいた体験記から、コメントを抜粋・再編集したものです。
  • 親の言うことに耳を貸さない息子が、先生方の励ましや、仲間とのやり取りで意識が変わり、いつの間にか「開成高校に行きたい」と明確な目標を掲げ、不思議なくらい前向きな気持ちで頑張っていました。受験を知り尽くしている先生方が息子を盛り立ててくださったおかげです。
    (開成高校 進学)
  • 先生のアドバイスは娘にとって分かりやすく的確で、質問や相談もしやすい雰囲気でした。学習が思うように進まず、娘への声かけをお願いしたことが何度もありましたが、先生方はいつも丁寧に対応してくださり、その日のうちに声をかけてくれ、娘は笑顔になって塾から帰ってきました。
    (慶應義塾女子高校 進学)
  • 反抗期の中学生に対して親が頭ごなしに叱るのは、逆効果になることが多いようです。しかし、先生方が日頃からよく見てくださり、信頼関係ができていたおかげで、先生方の言葉は息子も素直に聞き入れました。一人ひとりに目が行き届いている点が、息子に合っていたと思います。
    (早稲田実業学校高等部 進学)
  • 先生方は一人ひとりを丁寧に見ていて、常に冷静に現状を伝えてくださいました。いま必要な学習や各高校の特徴、併願校選びや面接についてなど、多岐にわたって相談にのっていただきました。結局、不安だった学習面は先生方がうまく導いてくださり、親は子の体調管理や事務的なことに徹しました。
    (慶應義塾志木高校 進学)
  • 数学の苦手な娘に声をかけてくれたり、娘の気持ちを盛り立ててチャレンジしてみようと思う気持ちにさせてくれたり、先生方の適切なアドバイスがあったから順調に一つも落とさず合格できたのだと思います。受験終了後、娘は「SAPIXにこのままずっと通いたい」と言っていました。
    (青山学院高等部 進学)

SAPIXは生徒・保護者の皆さまとの信頼関係を大切にしています。

SAPIXの雰囲気を確かめに、ぜひ、お近くの校舎にお立ち寄りください。また、入室に関して不安な点、学習についての心配ごとなどがございましたら、ご相談ください。

ページトップへ