神奈川県立高校 特色検査研究

2019年度 神奈川県 学力向上進学重点校 特色検査 出題分析

神奈川県は2019年から上位校の特色検査(自己表現検査)の作題方法を、これまで学校がそれぞれ作成していた自校作成形式から変更しました。具体的には、学力向上進学重点校の4校(横浜翠嵐・柏陽・湘南・厚木)および学力向上進学重…

2018年度 神奈川県立横浜翠嵐高校・湘南高校 特色検査 出題分析

横浜翠嵐高 大問2題の構成が続いていましたが、2018年は大問3題の構成でした。しかし、全体の小問数は2017年とほぼ変わりません。最初から順番に問題を解くよりも、取り組みやすそうな問題を見極めてそれらを優先して解いてい…

2017年度 神奈川県立横浜翠嵐高校・湘南高校 特色検査 出題分析

横浜翠嵐高 大問2題の構成が続いています。昨年大幅に増えた小問数が、今年は一昨年と同数に戻りました。しかし、一見しただけでは解き方の方針が考えつかないような難問がいくつかあったので、取り組みやすい問題を見極める力が求めら…

2016年度 神奈川県立湘南高校・横浜翠嵐高校 特色検査 出題分析

湘南高横浜翠嵐高 過去2年、4題の大問に小問が3~5問ずつでしたが、今年は3題の大問に小問がそれぞれ4~8問でした。合計17問という全体の小問数に変化はなく、昨年同様、時間的な余裕はありません。小問は数学や理科、社会に関…

2015年度 神奈川県立高校 特色検査 出題分析と対策

2013年から神奈川県立高校入試で実施されている「特色検査」は、教科横断的な課題に取り組む、受験生に高度な対応を要求する試験です。この「特色検査」では、ひと言でいえば、「教科横断的な問題を、知識のみに頼らず、論理的に表現…

2014年度 神奈川県立高校 特色検査 出題分析と対策

» 目 次特色検査で必要な力とは出題意図と対応自己表現検査の概要処理の速さ数学に関する問題について理科に関する問題について英語に関する問題について記述・表現する力特色検査の対策最後に 特色検査で必要な力とは 2013年度…

2013年度 神奈川県立高校 特色検査 出題分析と対策

目次特色検査の出題方針「教科横断的」という特徴単問ごとの特徴特色検査は「自己表現検査」 特色検査の出題方針 まず、神奈川県教育委員会が伝える特色検査入試の概要を見てみると、以下の通りとなっています。 県立横浜翠嵐高の例 …

神奈川県立高校【特色検査】出題例と分析・解説

神奈川県立高校入試「特色検査」の出題方針である「科目横断的な出題」「思考力」「表現力」とはどのようなものなのか、中学3年生を対象に実施した神奈川県立難関校入試プレ「特色検査」の問題を題材にご紹介いたします。 問題は以下の…

ページトップへ