特集コンテンツ

市川高校 進学 T.Iさん 保護者さま「中2春、圏外からのスタート」|2023受験体験記

受験体験記

「志望校が選択肢に入っていない……」中2の春に入室した息子が志望校の記入をしながら呟きました。入室時の息子の学力相応の高校はSAPIXが目指す難関校に含まれていなかったのです。まさに中2の春は圏外からのスタートになりました。親も親で、塾選びを“息子自身に選ばせた”と言えば聞こえが良いですが、地域の進学塾の事情を調べもせずに入室させました。結果、SAPIXを選んだことは大正解で本当に運が良かったと思います。

振り返るとコロナ禍に翻弄された3年間でしたが、中1はさまざまな活動制限も考えサッカーのクラブチームと勉強を両立するため通信教育を選択しました。すると案の定「自宅学習をやったふり」で1年間を過ごしてしまいコロナ禍の負の学力格差を取り返すことから始めるSAPIX生活となりました。中2の1年間は、授業についていくだけで精いっぱい、基礎クラスと応用クラスを行ったり来たり、自宅学習時間の決定的な不足が原因なのは明白だったのですが、反抗期の中学生が親に「勉強しろ」と言われて素直に従うわけもなく、サッカーとの両立の難しさも加わり度々親子で対立しました。

英語が完全に不得意教科で、得意なはずの数学さえ芳しい成績を取れず自信を失いかけた時もありましたが、SAPIXの先生方が時に厳しく、時に寄り添って伴走し息子のやる気を引き出してくださったことで、徐々に変化が見えてきたのが中2の終わりごろでしょうか。室長先生がSS特訓へのチャレンジと数検準2級の受験を勧めてくださったことが大きなきっかけになったと感じます。地元の中学校や校舎の級友のみならずSS特訓で他校舎の優秀な生徒や難易度の高い授業に刺激を受け、息子は受験に本腰を入れる覚悟ができたのではないでしょうか。

サッカークラブを退団し受験に専念した中3は、SAPIXが中心の生活となり、授業と補習で英語力を養い数検に合格し数学の自信を取り戻し、応用クラスに定着できるようになりました。すると目先の高校受験だけでなく大学や将来を考えて5教科受験を選び、志望校に向けてラストスパートができました。その間も順風満帆だったわけではなく親子喧嘩は絶えませんでしたが、最後は「親のせいにして勉強しないのは構わないが、結果は自分に返ってくる。親に受験の結果を変えてやる力はない」と突き放しました。それが正解だったかは分かりませんが何とか志望校に合格できました。室長先生をはじめSAPIXの先生方にはただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

T.Iさんから保護者さまへのメッセージ

高校受験は口出しせず見守っていただきありがとうございました。希望の大学に行けるよう努力します。

  • 本文中の偏差値について……「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています。

「2023受験体験記」一覧


「受験体験記」の冊子版では、ホームページには掲載されていない体験記もご覧いただけます。ご希望の方は、下記の資料請求フォームよりお気軽にご請求ください(SAPIX中学部の最新のご案内も同封します)。

また、公式Twitterアカウントでは高校受験に役立つトピックやコンテンツの更新情報をつぶやいています。ぜひフォローして、情報収集に活用してください。

2023年 高校入試合格実績
資料請求
公式Twitterアカウント