特集コンテンツ

慶應義塾女子高校 進学 A.Sさん 保護者さま「本人を信じて見守るのみでした」|2023受験体験記

受験体験記

娘は大学附属の私立一貫校に小学校から通っており、そのまま附属中学へ進みました。ただ、本人が塾に通ってみたいという希望があり、小6の7月よりSAPIX中学部に入室しました。当初は高校受験のことは明確には決めていませんでしたが、SAPIXでの授業は娘にとても合っていたようで、自然と受験にチャレンジしたいと思うようになっていました。

娘はコツコツタイプなので、SAPIXの課題も学校の宿題も遅れずに提出することはできていました。ただ私立ということもあり、学校の課題は手がかかるものが多く、特に夏休み等の長期休みの際は、SAPIXの通塾の合間に学校の課題をこなすのはとても大変そうでした。親としてはあまりやれることはなく、体力温存のためにSAPIXまで送迎をしたりコピーを手伝ったり、あとは食事面でのサポートくらいで、ただ本人を信じて見守るのみでした。

成績に関しては、足を引っ張るような苦手教科がなかったためか、あまり波がない状態で推移していましたが、本人は心配性な性格でしたので、親はなるべく余計な声掛けはしないようにしていました。受験直前の1月に入ると、緊張が高まってきたのか、少しピリピリしていると感じることもありましたが、あまり気にしないようにしていました。

1月23日の栄東高が受験初日でしたが、緊張のせいか前日はあまり眠れないまま本番を迎えたので少し心配になりましたが、試験が始まると緊張しなくなり、落ち着いて解けたようで、無事にA特待合格をいただきました。そこからは、何かが吹っ切れたようにリラックスした状態で受験に臨むことができました。結果、2日後の栄東高S特待、早大本庄学院、慶應女子高、青山学院高まで、全て合格することができました。これも全てSAPIXの先生方と一緒に頑張れた結果だと思います。本当にありがとうございました。

最後に、娘は結果的に全て3教科受験になりましたが、受験校の選択を広げるため、国立・都立高校も出願しており、SAPIXの授業は最後まで5教科で受けていました。途中で3教科に変更するか迷った時もありましたが、女子の選択肢は少ないので選択肢が広がったという意味では良かったと思います。このように、SAPIXで学んだことは今後の高校での学習にも役立つと思うので、娘には自信を持って充実した高校生活を送ってほしいと思います。

A.Sさんから保護者さまへのメッセージ

支えてくれてありがとう。おかげで悔いのない受験にすることができました。これからも頑張ります!

A.Sさんご本人の体験記を読む

  • 本文中の偏差値について……「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています。

「2023受験体験記」一覧


「受験体験記」の冊子版では、ホームページには掲載されていない体験記もご覧いただけます。ご希望の方は、下記の資料請求フォームよりお気軽にご請求ください(SAPIX中学部の最新のご案内も同封します)。

また、公式Twitterアカウントでは高校受験に役立つトピックやコンテンツの更新情報をつぶやいています。ぜひフォローして、情報収集に活用してください。

2023年 高校入試合格実績
資料請求
公式Twitterアカウント