特集コンテンツ

筑波大学附属高校 進学 S.Iさん 保護者さま「不測の事態のソコヂカラ」|2023受験体験記

受験体験記

願ってもない高校に合格できました。息子の長いSAPIX生活の中で、一番強く成長を感じたのは、あの日の合否確認後の振る舞いです。第一志望の私立の不合格での落胆を数十分間で振り払ったのか、自らSAPIXの先生に連絡し、翌日への指導を受けに自らSAPIXに向かっていきました。そして翌日、不測の国立の試験に臨みました。

息子は小6になる春休みに、高校受験を終えたサピファンの姉と入れ替わりで入りました。二番目の強みを発揮しスムーズに教材にも慣れて、やる気満々で通い始めました。意外にも好成績でSAPIXが学校の順位を上回る状態でしたが、中2では学校も好成績となり、このままスムーズに受験かと思っていましたが、中3になると、私に不測の事態があり、献身的な祖母の絶大な助けがあるものの、姉弟二人の受験生を持つ疲労会社員かつ疲弊母となりました。また本人は、SAPIXへの熱意と反比例して、学校への意欲が急降下しました。面談で伺った内申点は椅子から転がり落ちるほどで、SAPIXでもこの内申点で国立校の成功例がなく、安全圏内の想定も転がり落ちていきました。もう試験一発の私立しかない。あまり本音を見せない性質ですが、受験がスタートし、緊張感も高めつつ、順調に合格を重ね、本命の試験。今年の問題の相性か一歩及ばず、初めて番号がなかった発表の日、彼は自力で頭を切り替え、SAPIXに向かいずっと過去問を解き見ていただいたようです。翌日の試験を調子よく終えて帰ったその時、本命校からの繰り上げ対象者通知が投函されていました。薄氷を踏むような思いの数週間を過ごしましたが、果たして今年は本命校の繰り上げはなく、筑波大附高にご縁をいただき、家族として最大のチャレンジ校への合格を大変喜んでいます。

この不測の事態に自分の意思を持ち対局できたことが、彼がSAPIXで得た最大の財産であり、真骨頂だと感じています。思えば中学校より長い間通ったサピは、彼には最上位の優先で学校の勉強にやる気が見出せなかったのかもしれません。しかしこれが、本番に逃げが効かない状況を作り出したのも事実でした。親としては、規則正しい健康的な生活を管理できず心残りもありますが、一筋縄どころか三筋縄でもいかない頑固な息子、3年後には、今回の教訓を生かして日常を整え実力をつけ、安心して対局してほしいと願っています。

先生方に数学を褒めていただくことで、SS特訓のクラスも楽しく心待ちの通塾だったと聞きました。数学の先生を始め、温かく指導してくださった先生方を信頼し、心のつながりがあったことが、彼にとどく一筋縄でした。この勉強での努力が一生の自信となって、不測の事態にも立ち向かおうとする力になると思います。長い間、ありがとうございました。

S.Iさんから保護者さまへのメッセージ

一年間、二人の受験生の世話をよく頑張りました。高校でもよろしく。

  • 本文中の偏差値について……「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています。

「2023受験体験記」一覧


「受験体験記」の冊子版では、ホームページには掲載されていない体験記もご覧いただけます。ご希望の方は、下記の資料請求フォームよりお気軽にご請求ください(SAPIX中学部の最新のご案内も同封します)。

また、公式Twitterアカウントでは高校受験に役立つトピックやコンテンツの更新情報をつぶやいています。ぜひフォローして、情報収集に活用してください。

2023年 高校入試合格実績
資料請求
公式Twitterアカウント