特集コンテンツ

早稲田大学高等学院 進学 S.Yさん「最後まで諦めずに」|2023受験体験記

受験体験記

S.Yさん

早稲田大学高等学院 進学

併願合格高校
栄東高校、立教新座高校、早稲田実業学校高等部、早稲田大学本庄高等学院

私は小5の9月にSAPIX中学部に入室しました。中学受験を考えていなかった私にはしっかりとした勉強習慣が身に付いておらず、来たる高校受験に向けて、今から勉強する習慣を付けておいたほうが良いと親に勧められたからです。

小5から中2までは高校受験のゴールに向けて邁進するというよりは、先生方の話が面白く、新しいことを学ぶのも楽しかったので、授業を受け課題を済ますの繰り返しだけで満足していたように思います。そして、中3の夏に「電話帳」の課題が出されて初めて、高校受験のゴールを見据えて自分から積極的に勉強するようになりました。

受験教科の中では英語が得意だったのですが、実戦的な問題を解くようになってから、思うように点数が取れず悩んだ時期がありました。その時に英語の先生から「長文を読むスピードが足りていない」と指摘されたことをきっかけに、長文を音読したり、時間を決めて読んだりするようにすると、長文を読むスピードが速くなり点数も上がっていきました。

直前期は、数学は解ける問題を確実に取るようにするために、過去のテスト演習を復習したり、SS特訓のテキストを繰り返し見直したりしました。国語は、点数に結び付けやすい漢字や文法、特に古文を固めました。

入室から第一志望を変えずに頑張ることができたことで勉強のモチベーションが保てたのだと思います。それができたのも、親身になって教えてくれたSAPIXの先生方のおかげです。4年半もの間、本当にありがとうございました。また、ともにSAPIXで学んでいて私よりずっと成績の良い同級生が、自習をしに行くと私より先にそこにいて私より遅くまで勉強していることが、「私も頑張ろう」という原動力になりました。SAPIX中学部に入室していなかったら合格はなかったと思います。

皆さんも頑張っている自分とSAPIXを信じて、最後まで諦めずに頑張ってください。

  • 本文中の偏差値について……「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています。

「2023受験体験記」一覧


「受験体験記」の冊子版では、ホームページには掲載されていない体験記もご覧いただけます。ご希望の方は、下記の資料請求フォームよりお気軽にご請求ください(SAPIX中学部の最新のご案内も同封します)。

また、公式Twitterアカウントでは高校受験に役立つトピックやコンテンツの更新情報をつぶやいています。ぜひフォローして、情報収集に活用してください。

2023年 高校入試合格実績
資料請求
公式Twitterアカウント