特集コンテンツ

慶應義塾高校 進学 H.Tさん「強い覚悟で自分の信念を貫こう!」|2023受験体験記

受験体験記

H.Tさん

慶應義塾高校 進学

併願合格高校
栄東高校、立教新座高校、早稲田佐賀高校、早稲田大学高等学院、早稲田大学本庄高等学院

僕は中学受験をしましたが第一志望の慶應に偏差値が届かず今の中学に通うようになりました。しかし慶應への未練が捨て切れず高校受験をしようと思いました。しかし私立中からの高校受験はとても大変なものでした。まず一つに高校への内部進学の権利を失うので背水の陣の状態で受験に臨むことになります。これはメンタル的にとてもきつかったです。二つ目は私立中の人達は学年が上がるにつれてどんどん遊ぶようになり、その遊んでいる人達につられて僕も遊びたくなり勉強のモチベーションが下がってしまうことです。特に文化祭や修学旅行の時は楽しくて「このままずっと遊んでいたいなぁ、勉強なんかやりたくない」と思ったこともありましたが、そんなときはこのまま勉強せずだらだら過ごし全落ちした時を想像して「そんなふうになる訳にはいかない」と思い自分を奮起させ勉強のモチベーションを高めました。また、「絶対に受かるぞ!」という気持ちを持つことで揺らぐ心を引き締めました。私立中から高校受験をする方は周りの遊んでいる人達に流されないように強い覚悟を持って取り組み自分の信念を貫こう!

次に勉強についてです。僕は数学がとても苦手だったので、とにかく『MAIN SAPIX』の解き直しを徹底しました(SS特訓の復習や志望校の過去問演習よりも『MAIN SAPIX』の解き直しを優先しました)。すると立教新座と慶應志木の数学で『MAIN SAPIX』でやった問題が出たのです。数学が苦手な人は『MAIN SAPIX』の解き直しを徹底したら良いことがあると思います。

ここからは受験を受けた後の注意についてです。それは答え合わせをしてはいけないということです。僕は早大本庄に合格しましたが、数学の計算問題を落としていたことに合格した後に気付き、答え合わせをしなくて良かったと思いました。なぜならそのショックが次の受験に響き、早大学院や慶應義塾も落ちていた可能性があったからです。最後になりますが受験はつらいけれど終わったら楽しいので最後まで戦い抜こう!

  • 本文中の偏差値について……「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています。

「2023受験体験記」一覧


「受験体験記」の冊子版では、ホームページには掲載されていない体験記もご覧いただけます。ご希望の方は、下記の資料請求フォームよりお気軽にご請求ください(SAPIX中学部の最新のご案内も同封します)。

また、公式Twitterアカウントでは高校受験に役立つトピックやコンテンツの更新情報をつぶやいています。ぜひフォローして、情報収集に活用してください。

2023年 高校入試合格実績
資料請求
公式Twitterアカウント