特集コンテンツ

東京都立国分寺高校 進学 K.Iさん 保護者さま「最後につかんだ合格」

受験体験記

3月1日、まだ寒さの残る春の日に、息子はやっと本人が納得する合格を手にすることができました。恐る恐る携帯画面を開いた後の息子の笑顔は、私たち親にとっても本当にうれしいものでした。というのも、先だった私立受験では思うように結果が出ず、2校の合格は得ていたものの、私立の第一志望には合格できていなかったためです。

息子の高校受験は、夏ごろから始まったように思います。息子は高校受験をしなければならないという自覚も薄く、遅ればせながら、中3の忙しい夏期講習の隙間を縫っていくつもの高校を親子で見に行きました。それでもなかなか志望校すら決められず、受験直前期までふわふわしていたように思います。冬ごろにやっと私立1校、都立1校に絞ることはできたものの、第一志望は絶対ここだとは決めきれず、その想いの弱さが私立の芳しくない結果につながってしまったのかもしれません。しかし、私立受験を終えた後、都立受検までの間は、やっと心を決めて取り組んでおりました。親の目から見ても、今までで一番集中して頑張っていたと思います。

直前期は毎日SAPIXに通いました。やるべきことを毎日担任の先生が指示してくださり、過去問を解いては採点、フォローしてくださるという繰り返しでした。上の子の時の経験から、SAPIXでは、中2まではどちらかというと淡々とカリキュラムが進められ、中3になると急にアクセルを踏んで加速するイメージで、その緩急が素晴らしいなと感じていたのですが、今回次男はもう後がない都立受検直前にやっとフル回転になったように思います。この時期の先生方のサポートには、感謝してもし切れません。

紆余曲折はありましたが、結果的に本人が一番行きたい高校に行けることとなり、高校受験を満足して終えることができたと思っております。

長男次男とSAPIXに通わせ、二人の高校受験を終えてみると、親にできることは、ご飯の用意、事務的なサポート、(できる範囲での)送り迎えくらいしかないなと感じています。本人の姿勢にやきもきすることもありますが、どうにかSAPIXに通ってさえいれば、必ず力はついてくると感じています。

息子は約3年間SAPIXに通いましたが、課題もあまり出さずテスト勉強もしない息子を、諦めずに静かに見守り、時には厳しくご指導いただきました先生方に、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

K.Iさんから保護者さまへのメッセージ

送り迎えいつもしてくれてありがとうございます。

  • 本文中の偏差値について……「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています。

「2023受験体験記」一覧


「受験体験記」の冊子版では、ホームページには掲載されていない体験記もご覧いただけます。ご希望の方は、下記の資料請求フォームよりお気軽にご請求ください(SAPIX中学部の最新のご案内も同封します)。

また、公式Twitterアカウントでは高校受験に役立つトピックやコンテンツの更新情報をつぶやいています。ぜひフォローして、情報収集に活用してください。

2023年 高校入試合格実績
資料請求
公式Twitterアカウント