「高校進学は将来の夢への第一歩」H.Hさん(都立八王子東高校 進学)保護者様より

H.Hさん(都立八王子東高校 進学)保護者様より

娘が小学5年生の時、私達は熊本県に住んでいました。熊本に居ながらSAPIXや他の塾の資料を取り寄せ、数年後の高校受験に向けて準備をはじめていました。その後、東京に引っ越しをして公立中学校入学と同時に、娘は講師の先生方の熱意を強く感じたSAPIXに入室しました。

入室後は勉学に励んで欲しい親の気持ちとは反対に、部活はバレーボール部に所属し中学1年生からレギュラーで活躍し、都大会を目指し練習の日々となり、そのためSAPIXの授業には遅れて入り、テストも欠席するようになっていました。学校の授業中は居眠りをしていると担任の先生にお叱りを受け、定期テストも安定した結果が出せずに経過していました。それでも、娘の持前の「真面目さ」でコツコツ頑張っていたのだと思います。娘のやる気が見えてきたのは、部活が終わった中学3年生の夏休みからでした。SAPIXの先生方の言葉には、子どもを本気にさせる魔法の言葉があるのだと感じました。私は「夏を制する者は受験を制す」と叱咤激励しながら見守ることに徹しました。

受験で一番苦労したのが、志望校の選択でした。中学3年生の秋には何校も見学に行きましたが、「何かが違う」と言ってはやめ、第一志望が決まらず、ころころ変わることを心配していました。私は娘がSAPIXの先生方を信頼しているのは分かっていたので、志望校を決める際に先生方に助言をいただくこととし、やっと第一志望校を絞り込み学習に集中できるようになりました。SAPIXの授業は楽しんでおり、授業がない日も自習に行き、弱点は先生方の的確なアドバイスを受け克服しているようでした。

SAPIXの先生方には、必要な時期に的確な助言をしていただいた結果、娘は第一志望校に推薦で合格することができました。もともとマイペースで、ちょっと変わり者の娘の性格をよく理解していただき、「高校合格」まで導いてくださいました。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。高校受験を通して娘が成長できたことを大変うれしく思います。高校進学は将来の夢に向かう過程の途中と言えます。今後も切磋琢磨し努力する娘を支えていきたいと思います。

ページトップへ