「一歩、一歩、的確に。」T.Yさん(中央大学杉並高校 進学)

T.Yさん 中央大学杉並高校 進学

僕は、小学校6年生の頃に入室しました。ですが、中学1年生になるまでの1年間は中学受験をするでもなく、目指したいという高校もなく、熱心に勉強はしなかったです。今思うと、その時もう少し勉強をしていたらもっと良い学校に挑戦することができたのではないかと後悔しています。

そのような1年間を過ごしていたのですが、中学1年生の頃に早稲田大学高等学院にいきたいと思い始めました。それでも勉強をする習慣が身に付くことはありませんでした。そんな僕が「勉強をもっと頑張らないと」と奮い立ったのは、SAPIXフォーラムに参加したことが、きっかけでした。

中学3年生になって初めてのサピックスオープンでクラスが下がってしまっていた僕は、SAPIXフォーラムに参加したことでやる気が出ました。ですが、それでも成績が上がらなかったので、志望校を変えようと思うようになりました。そんな時に、助言をしてくれたのが、僕の母やサピの先生方です。母には、学校見学や説明会、文化祭など多くの高校に連れて行ってもらいました。そしてサピの先生方に相談をした上で中央大学杉並高校を第一志望にして頑張ろうと決めました。サピの先生方はいろいろなアドバイスをくれました。特に、数学の先生からは僕の苦手な二次関数のプリントを解くようアドバイスをもらい、その問題を完璧に解けるようにしたので苦手であったはずの二次関数が得意になりました。その後も苦手なことを一歩一歩きちんと勉強をしたので、得意にはなりませんでしたが、克服することはできました。

僕の経験のように、一歩一歩的確に弱点を克服していけば成績は上がると思います。なので、これから受験が控えている人たちも日々コツコツと勉強をして志望校に合格できるよう頑張ってください。

ページトップへ