「逆境からの私の受験」K.Nさん(東京学芸大学附属高校 進学)

K.Nさん 東京学芸大学附属高校 進学
併願合格高校:慶應義塾志木高校、桐朋高校

イギリスより帰国しSAPIX国際教育センターに通い、直前講習も半分以上過ぎてから最初の試験のICUの面接に臨んだ。提出した成績も英検®も自信のあるものだったのに不合格だった。このショックは大きかったが、先生方の“何も気にすることはない”の言葉を信じてここから私のギアは上がった。

一番力を入れたのは面接。イギリスにいた時から面接は本当に苦手で、自分で何を言っているのか分からなくなる。SAPIXの帰国入試対策講座の模擬面接は実践的で先生の指示も分かりやすい。話す内容、態度、声のトーンまで細かくフィードバックしてくれる。私は自ら面接の練習をよりたくさんしたいと先生に申し出たところ、快諾していただき何度も練習を重ねた。もう一つ面接に関して良かったのはグループ面接の練習ができたことだ。学芸の帰国子女面接はグループだが、イギリスでは志望者があまりおらず、練習ができなかった。SAPIXに来てからは人数が集まり、試験前日まで皆と先生とで練習したことが合格につながった。討論のテーマ、クリティカルに考え、発言すること、今後の自分の人生にも必ず役に立つであろうと自信になった。

ICU不合格からパワーアップして学科にも取り組んだ。テキストは毎回配付されるところが面白いと思った。常に新しい受験対策を考え熟慮された対策集は不安に打ち勝てるテキストだった。苦手な古文は外国語と考えると前向きな気持ちで取り組め、最後までテキストで伸びたと思う。質、量ともに私には最適だった。不安な気持ちで臨んだその後の受験は3校全てに合格。大きな自信となった。自分のやってきたことを信じたことと、苦手な面接を乗り越える術を教えてくれたSAPIXが私を合格へと導いてくれた。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

ページトップへ