「やはり継続は力なり」A.Mさん(筑波大学附属高校 進学)

A.Mさん 筑波大学附属高校 進学
併願合格高校:慶應義塾女子高校、栄東高校、豊島岡女子学園高校

私は中3の夏に帰国し、SAPIXに入室した。第一志望が国立だった私にとっては、英語のアドバンテージよりも理社ができないということが問題だった。それでも最初は何とかなるだろうと適当な気持ちで理社の勉強を放置していた。だが、次第に焦りが生じた。理社の授業になるたびに自分のふがいなさを実感する。同じクラスの人との知識の差がどんどん広がった。極めつけはサピックスオープンでの結果だった。第二志望の都立も落ちると思うほどの最悪な結果だった。これでは駄目だと思い理社の勉強をまじめに取り組んだのが中3の秋。今思えば遅すぎるスタートだったかもしれない。それでも精一杯取り組んだ。さすがに最初は点数も思うように伸びなかった。それでも、続けるごとに解ける問題が増えていった。

すると今度は基本の3科の点数が落ち始めた。せっかく理社を頑張ったのに意味がないじゃないかと思い、やる気も失せた。そんな状態で最初の入試があった。結果はもちろん不合格。苦手な問題構成で緊張もあったかもしれない。それでも受からなきゃ意味がない。もう受からないんだと自暴自棄だった私を救ったのは、やはりそれまで積み上げてきた学習だった。SAPIXに入ったのは中3の時だが、私は中1から海外の他塾にいた。その頃からの努力もあって意外に簡単にいつものペースを取り戻せた。そこからはとんとん拍子に受かることができた。

私が受験を通して実感したのは、やはり継続は力なりということだった。確かに努力は必ずしも報われるものではない。私もそう思っている。それでも努力は糧になるし、本当に駄目だと思った時に自分を救ったのは運ではなく努力だった。新受験生となる人は今まで積み上げたものを信じて、頑張ってほしい。

ページトップへ