「合格へのメソッド」Y.Iさん(早稲田大学高等学院 進学)保護者様より

Y.Iさん(早稲田大学高等学院 進学)保護者様より

「サピを辞めさせていただこうと思います」と担任の先生にご連絡したのは10月。最後の保護者会の次の日でした。保護者会ではWeb出願の注意事項や志望校最終決定へのプランニングの話、今から受験へと進むための勉強の仕方などを伺いました。どのご家庭も一歩一歩前進しているように思いました。焦る私。なぜかというと息子は中3の夏休みを過ぎてもやる気のスイッチが入らず、気分でなければSAPIXもサボる……。そんな状態で学校の進路希望票を提出しなければいけませんでした。息子は特に決まった志望校もないまま中3になってしまい、もう今のままなら行ける学校に行く方が彼にとって良いのではないか?と思い、冒頭のお電話をかけさせていただきました。

息子がサピに入ったのは中1の春。私が高校受験をするためには塾に行かないと……と思い、いくつかの塾を体験したなかで息子がSAPIXに決めて通いはじめました。が、中2の反抗期の訪れとともに成績は地の底へと落ちていきました。面談の度に「中1の時から通っていただいているので、なんとかいいかたちにもっていきたいと思います」という先生の言葉を信じて本当に良かったと思います。

サピの先生は保護者の気持ちをたくさん聞いてくれ、話し合いをしてくれます。色々なパターンの子どもと接しているので、その子、そのご家庭に合った対応をしてくださいます。冒頭のお電話をさせていただいた時も、私の気持ちに寄り添ってくださり、「今で良かったです。今ならどっちに転んでもまだ間に合います」とおっしゃってくださったので、全てをSAPIXにお任せすることにしました。

今、『保護者体験記』を書かせていただける立場になるとは、昨年春の私はこれっぽっちも思っていませんでした。毎年渡される『保護者体験記』も「おできになるお子さんの親が書かれているんでしょ?」と思っていました。

「そんなことはないんです!!」と声を大にして言いたいです。

ページトップへ