「SAPIXがくれた未来への希望」Y.Hさん(都立日比谷高校 進学)保護者様より

Y.Hさん(都立日比谷高校 進学)保護者様より

「勉強のことは全てSAPIXにお任せください」。初めての保護者会で先生が言われた言葉です。その時はなぜそこまで言えるのか分かりませんでしたが、大変心強く感じたことを鮮明に覚えています。そして受験が終わった今、あの言葉はプロフェッショナルな先生方の想像を超える熱意と実績の表れであり、その先生方のおかげで娘は第一志望に合格できたのだと心から感謝しています。

娘がSAPIXに入室したのは中1の春でした。娘は漠然と都立日比谷高に行きたいと考えていたと思いますが、難しい問題はすぐに考えるのを諦めてしまうような状態でした。それがSAPIXに通い始めると、楽しい授業に引き込まれて中3になる頃には考え抜いて答えを導くことが楽しくなり、長時間一つのことに集中して取り組む力までついてきたようでした。娘は部活も続けながら生き生きとSAPIXに通い、帰宅後は目を輝かせて授業やお友達のことを話し、時に得意そうにノートを見せてくれました。

一方で中3になると苦手教科の成績が下がり続け、第一志望を変更した方がいいのではと先生に相談をしたこともありました。しかし先生方は「諦める必要は全くない」「苦手な教科が上がるのはこれから」「都立までにはまだ十分に時間がある」と一貫して第一志望を変えずにその時の実力を見ながら課題を出し、苦手教科は最後まで個別指導をしてくださいました。担任の先生は驚くほど丁寧な添削や楽しい授業だけでなく、子どもたちが意欲的に授業に取り組めるように配慮をしてくださり、娘は第二志望以下の合否の結果が芳しくなくてもSAPIXに通える日をカウントダウンで惜しみながら、受験前日の夜までSAPIXで勉強を続けました。そして受験当日、笑顔と固い握手で先生に送り出された娘は、第一志望の試験で3年間の集大成を発揮することができました。

SAPIXは将来にわたりベースとなる学力だけでなく、目標に向かってチャレンジする楽しさや困難な状況であっても諦めなければ夢は叶うということを娘に教えてくれました。SAPIXで大好きな先生方やお友達と過ごした時間は娘にとってかけがえのない一生の財産です。入試当日まで生徒一人一人に愛情をもって全力を注ぎ、娘に未来への希望をくださった先生方、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

ページトップへ