「苦手教科との向き合い方」Y.Kさん(慶應義塾高校 進学)

Y.Kさん 慶應義塾高校 進学
併願合格高校:栄東高校、立教新座高校

僕の英語は思っていた以上にひどかった。人並みにも届かなかった。SAPIXに入室した時に、英語の授業だけは、苦痛に感じるほどだった。しかし、僕は数学が得意だった。中学受験をしたからだと思う。僕は、得意な数学ばかりを解き、苦手な英語を勉強することを避けていた。そのため数学の成績は維持できても、英語の成績は上がらず、いつまでたっても全体の成績が上がらなかった。

僕は中高一貫校に通っていたため、高校受験をする生徒がほとんどいなかった。周りの生徒は休日になると遊びに出かけるので、誘われることも多くあった。そのため、いつまでたっても勉強に集中できずにいた。

中3の夏休み前から受験に向けて気持ちを入れ替えて勉強した。しかし、英語は全く授業についていけず、数学は課題をこなすことだけで精一杯だった。結局、夏休みの間で苦手な英語の克服はできず、得意な数学も伸ばすことができなかった。

秋のサピックスオープンでは成績が下がり、これから本気で勉強しても間に合わないのではないかと落ち込み、やる気を失いかけた。そんな時、SAPIXの先生方がかけてくださった言葉が僕の背中を押してくれた。先生のアドバイスに従い、英語は時間がないときでも毎日必ず長文を解き、『Grammar Pass』を最初から何度も解き直した。寝る前と朝起きた時に前日の長文と単語を見直した。数学は、まずSS特訓のテキストを解き直し、先生にもらった優先順位が書いてあるプリントを参考に『MAIN SAPIX』をひたすら解き直した。国語は必ず毎日1題解き直した。通塾の時間は全て英語に充て、長文を何度も読み返した。得意な教科は今まで以上にできるように勉強し、苦手な教科の克服に全力を注いだ。受験直前になって、本当に大切なことは苦手の克服だと気付いた。SAPIXの先生方の言葉が僕を合格に導いてくれた。本当にありがとうございました。

ページトップへ