「数学」S.Kさん(早稲田大学高等学院 進学)

S.Kさん 早稲田大学高等学院 進学
併願合格高校:栄東高校、立教新座高校、早稲田大学本庄高等学院

私の受験は数学なしには語れません。正直、他の教科も頑張ったことには頑張ったのですが、それらのことを書いていくと膨大な量の文章になってしまうことと、英語・国語は数学ほど頑張ったわけではないことを踏まえ、数学のみに焦点を当てようと思います。

私は数学ができませんでした。それが露呈し始めたのは、確か中2の前期だったと思います。中1の時はなんとなくできてしまったことが多かったのでしょうか。とにかく「先生の言っていることは分かっても、いざ問題と向き合うと何もできない」といった状況に陥ってしまっていたのです。当時の私は多少焦りを覚えていましたが、まだ中2の前期ということに甘え、数学への苦手意識を克服しようとはしませんでした。まさに「光陰矢の如し」、日は瞬く間に進んでいってしまい、迎えた中3最初の授業。今までと桁違いに難度の高い問題と、課題の量の多さに面食らったことを、今でも覚えています。

そんな私が数学の苦手を克服し、武器とした方法は、一つしかありません。一つ一つの問題を丁寧に完成させていったことです。課題の量が多いと、1問にかけられる時間はどうしても少なくなってしまうと思いがちですが、それに構うことなく時間をたっぷりとかけ、それぞれの問題を自分のものにしていき、経験を積むことが大切なのです。

私のクラス担任の先生はよく、「数学は二次関数のような伸び方をする。最初は伸びないが、時間をかけていけばみるみる成績が伸びていく」とおっしゃっていましたが、まさにその通りだと思います。結局は時間をかけることが数学の問題を解けるようになる一番の近道なのです。

よく数学が苦手な人は、「数学はセンス」と言います。しかし、先に記した通り、数学はかける時間が大切です。それは他の教科も然り。後輩の皆さん、時間と労力をかけ、受験勉強を頑張ってください。

ページトップへ