「中3から本気出す」N.Tさん(中央大学附属高校 進学)

N.Tさん 中央大学附属高校 進学
併願合格高校:日本大学習志野高校

私がSAPIXに入室したのは中2の終わりの頃でした。最初は中3から本気を出すと言って小テストも授業も真面目に取り組んでいませんでした。そして、そのまま中3の夏休みになっていました。そろそろ真面目に取り組もうと思ってはいましたが、志望校が決まらず、目標となるものがなかったため行動に移すことができませんでした。後期に入り、中学校でも進路を真剣に考える時期になりました。周りの人たちは本格的に志望校が決まり、合格に向けて勉強を始めるようになりました。しかし、私は都立にするか私立にするかも決まっておらず、とりあえず親が勧める大学附属でいいかくらいに思っており、やる気はまだ出ていませんでした。

しばらく経って、いろいろな高校の学校説明会に行くようになりました。そして、志望校を決めることができました。推薦入試を迎え、結果は不合格でした。今まで真面目に取り組んでいなかったからしかたないと思うと同時に、これまで以上に勉強をしなければならないと思いました。そして自習時間を増やしたり、苦手教科以外の教科もしっかり質問したりして、分からない問題をなくすようにしました。

試験当日、SAPIXの先生が応援に来ていて、落ち着いて受けることができました。苦手教科以外はとてもうまくいったという思いでいました。合格発表当日、発表の時間になり自分のスマホで結果を見ました。結果は合格でした。今までの努力が報われ、とてもうれしかったです。

基礎クラスで、周りの人たちより勉強に真剣に取り組み始めた時期が遅く、無理だと思った時もありました。しかし、最後まで私に分かりやすく教えてくださった先生方のおかげで、諦めず勉強することができました。本当にありがとうございました!

ページトップへ