「先生を信じ、自分を信じる」M.Wさん(東京学芸大学附属高校 進学)

M.Wさん 東京学芸大学附属高校 進学

私は小6で入室してから4年間、サピに通いました。最初は受験のこともよく分からず言われたことをこなすばかりでしたが、受験が近づき意識が変わると、課題を期限内に提出するだけでなく苦手教科に集中的に取り組むようになり、安定した成績を取れるようになっていきました。サピに通っていたおかげか、学校でも良い成績をキープできていました。

しかし、校内テストの数学でケアレスミスを連発し目も当てられないような点数を取ってしまったことがありました。サピに相談をしにいったのですが、話すうちに悔しさで涙が止まらなくなった私を、先生は責めもせず、そのようなミスを防ぐための勉強法を細かく伝授してくれました。励ましの言葉に私は救われました。そこからは、言われた通りに勉強を進めました。次のオープンでも始まる前に声を掛けてもらい「絶対にあのようなミスを繰り返さない」と気を引き締めて挑むことができました。その結果、自分が取れる最高の点数を取れたと思います。

また、社会が苦手で成績が伸び悩んでいたのですが、担当の先生はいつも後ろ向きになりがちな私を励ましてくれました。

とうとう迎えた入試本番では、教科ごとに先生の顔が浮かび、先生の言っていたことを思い出しつつ取り組むことができたため、落ち着いて解くことができました。初めは何となく通っていた塾だったけれど、いつの間にかたくさんのことを学ぶことができていました。最後の一年間、特につまずいたときには、本当に助けられました。クラスの仲間と話したり、笑ったりできたこともすごく心の支えになっていたと思います。周りの子がホントに勉強していたので、私もやる気が出ていました。サピの良さは、中3になって一番良く分かると思います。

今までありがとうございました!サピに入って良かったです!

ページトップへ