「合格の秘訣」K.Fさん(開成高校 進学)

K.Fさん 開成高校 進学
併願合格高校:久留米大学附設高校、慶應義塾志木高校、栄東高校、渋谷教育学園幕張高校

僕は中1の時に友達のいる塾とどちらに入るか迷いながらも、親の勧めで嫌々SAPIXの入室テストを受け、その後サピで初めての授業を受けた。するとそれが非常に面白かった。中2初期までは応用クラスと真ん中のクラスをうろうろしていたが、中2後期にはずっと応用クラスにいるようになった。一方でネックだったのが理科であった。そこで『一問一答』を丁寧にやるようにした。すると偏差値が12上がった。苦手教科は基本から完璧にすることを勧める。

理科を克服した僕は順調に成績を上げ、夏休みの膨大な課題も1日に何教科やるか計算してその配分をしっかりやるようにしたおかげで処理できた。そして夏休み最後のテストでは今までで最高の偏差値も取れ、絶頂だった。しかし、夏休みが終わり、秋になるとやる気が失せていった。今考えればやることはたくさんあったが、おそらく課題も夏より激しくなくなり何をすればいいのか分からなかったのだろうと思う。たくさんの学校別入試プレを受けたが大体うまくできず、また内申も考えなければならなかったのでかなり苦しかった。しかしそのような状況下でも授業と、特に苦手教科の復習はしっかりするようにした。これがなければ不合格だっただろう。そして過去問演習を始め、傾向にしっかりと慣れ、受験に臨んだ。筑駒高校は不合格であったが、一番いきたかったところに合格できたので満足している。

皆さんには早いうちに基礎を完璧にして、そして各問の解法の復習をしておくことを勧める。そうすれば合格は間違いないだろう。また合格をとても無理なことと考えないでほしい。僕も自分が合格するなんて無理とずっと思っていたが合格できた高校が何校かある。あなたが受けようと思った時点で合格する可能性は十分にある、ということなのでマイナスな気持ちに支配されずに頑張ってほしい。

ページトップへ