SAPIXの偏差値のひみつ。
公開模試と偏差値の上手な活用法

SAPIXの偏差値のひみつ。公開模試と偏差値の上手な活用法

偏差値とは?

例えば、Aさんがテストで数学80点、英語60点を取ったとします。点数だけを見ると数学の成績の方が良かったことになりますが、実際はどうでしょう。もし平均点が数学85点、英語45点だったとすると、実は英語の成績の方が良かったことになります。このようにテストの難易度にはバラつきがあるため、得点だけでは成績の良しあしを判断することはできません。

そこで重要な物差しとなるのが、「偏差値」です。偏差値は、平均値が常に「50」となるよう計算されます※。そのため、偏差値を見れば、受験者全体の中で自分がどのあたりにいるのかが分かり、その推移を振り返れば成績のアップダウンも一目瞭然です。ちなみに、平均点を偏差値50とし、標準偏差を10とすると、偏差値70は成績最上位から約2・3%(1000人中23位)、偏差値60で約15・9%(1000人中159位)に入る計算になります。

※偏差値の計算式

10×(個人の得点-平均点)÷(標準偏差)+50=偏差値

SAPIXの偏差値の特長

1.難関校の合格ラインが細かく明確に分かる

一般的な模試で算出される偏差値に比べて、SAPIXの偏差値は10から20程度低く出ます。例えば、開成高の合格ラインは、一般的には偏差値78前後とされていますが、SAPIXの偏差値では64。これは学力の高い層がSAPIXの模試を受験するためです。

一般的な模試では、学力の高い生徒がグラフ右側に偏ってしまい、偏差値の差が出にくくなりますが、SAPIXの模試では、母集団自体のレベルが高いことにより、偏差値の差がより明確に見えるようになるのです[下図参照]。

SAPIXの模試と一般的な模試の違い(イメージ)

2.偏差値がぶれないので過去の成績と比較できる

模試を受ける生徒が毎回大きく入れ替わると、全体の学力レベルにバラつきが出るため、偏差値にぶれが生じます。一方、SAPIXの模試は、ベースとなる母集団であるSAPIX生がある程度固定されています。こうして学力レベルがほぼ一定に保たれるため、偏差値の信頼性が揺らぐことがなく、結果を時系列で比較することが可能になるのです。

模試の結果を分析し対策しよう

SAPIXの模試のメリットはオリジナル問題にもあります。入試の予行演習としてだけではなく、例えば中2の冬、中3の春など、その時期に必要な知識と学力が身に付いているかどうかを判定できる設問になっています。だからこそ、模試を受けっぱなしにするのではなく、まずは自分自身で結果を分析し、それ以降の学習法を決めていくことが重要です。皆さんも、SAPIXの公開模試で自分の実力を確かめ、しっかり対策しましょう。

【公開模試のご案内】第4回 サピックスオープン 志望校合格力判定付

対象 高校受験をお考えの中学3年生
実施日 2020年11月3日(火・祝
申込期間 2020年9月25日(金)13:00~2020年10月31日()15:00
受験料 5,500円(税込)
詳細 試験要項・申込方法はこちら

2022年度 公開模試スケジュールはこちら

おすすめコンテンツ
公開模試受験後の手引き

特集記事「公開模試受験後の手引き」を掲載中。模試を受験した方にSAPIX中学部が提供する成績資料とその活用方法をご紹介しています。ぜひ、参考にしてください。

ページトップへ