ようこそ校舎へ! 三鷹校

教育熱が高い地域にある校舎

JR中央・総武線三鷹駅から徒歩3分の便利な場所に立地する三鷹校。飲食店や商店が並び、大規模なマンションも立つ駅前の中心地は昼夜を問わずにぎわいますが、その周辺の住宅街には大小の公園や畑が点在し、のどかな雰囲気です。

室長の宇賀健一郎先生は、三鷹校について、「地元の公立中学校に通う生徒はもちろん、学芸大附小金井中学校の生徒も多数在籍しています。練馬区、武蔵野市、調布市などからもバスや電車で通いやすいため、通塾エリアは比較的広いといえるでしょう」と紹介しました。また、地域性に関しては、「保護者の方の教育に対する関心が非常に高い」「帰国生の家庭が多い」という二つの特徴が挙げられるそうです。

具体的な志望校としては、開成・筑駒高といった最難関校の他、日比谷・西・国立(くにたち)高などの都立上位校を目指す生徒も多いとのこと。もちろん、学芸大附高への内部進学を希望し、早い段階から通塾している生徒や、早大学院や早実高といった近隣の大学附属校を志望する生徒もいます。このように、志望校は生徒によってさまざまですが、全員に共通しているのは、「高い目標に向かって切磋琢磨していること」です。

宇賀先生は生徒の様子について、「学校では生徒会活動や部活動に打ち込み、中には生徒会長やクラブの部長としてリーダーシップを発揮している生徒もいますが、みんな時間をやりくりしながら集中して勉強に取り組んでいます」と語ります。

積極的な挑戦を促す授業

これまで大勢の生徒を志望校合格に導いてきた宇賀先生は、「10代は成長が著しい半面、不安定な状態に陥ったり、勉強面での好き嫌いが顕著になったりする時期でもあるだけに、丁寧な見守りと適切なサポートが必要です」と指摘します。「一人ひとりに目が行き届く校舎づくり」をモットーに掲げる三鷹校では、講師とスタッフが連携し、学習面や生活面で気になる生徒には声を掛けたり、相談に乗ったりして深い信頼関係を築いています。その上で、日々の学習では積極的な挑戦を生徒に促し、〝学ぶ喜び〟を経験させることでモチベーションを高めています。

「勉強以外の体験も含め、中学時代に学んだことは専門的な学問の土台となります。だからこそ、日々の学習では『失敗するのは恥ずかしいことではない』という前向きな姿勢でいろいろな考え方を試してほしいのです。そうすることが、努力を継続する原動力にもなるからです」

宇賀先生は、「なるべく早い段階で『高い目標』を持ち、自らエンジンをかけてほしい」という思いで生徒と向き合っています。通塾を始めたばかりの生徒にはまず、家庭学習の習慣を確立するよう指導するとともに、進路選択のきっかけとして、SAPIX中学部が主催するイベントや、各学校の公開行事への積極的な参加を勧めています。また、海外大学に進学した卒業生が校舎を訪れた際には、後輩たちに向けて自身の中高時代の勉強法や進路選択の経緯などを語ってもらうことも。

「中学生にとっては雲をつかむような話かもしれませんが、『自分にはさまざまな可能性があるんだ』と実感し、高校受験の先を見据えて学習に取り組んでほしいのです。卒業後に『SAPIXで頑張って良かった』と、生徒が誇りを持てるような塾でありたいと考えています」と結びました。

SAPIX中学部 三鷹校 校舎情報

対 象小5生 小6生 中1生 中2生 中3生
所在地〒180-0006
東京都武蔵野市中町1-2-3 ミタカハイム 1F Googleマップで見る
電 話0422-59-1411
交 通JR中央線 三鷹駅徒歩3分
校舎地図

資料のご請求はこちら 校舎一覧はこちら

ページトップへ