「書く」×「話す」でアウトプットを強化。【思考力を育む 英語オンライン・レッスン】を2020年4月より中3本科生のカリキュラムに導入

SAPIX中学部では2020年4月より、英語オンライン・レッスンを中3本科生のカリキュラムに導入します。その背景やレッスンの特長について、SAPIX中学部 英語教科長の當山淳がお話しします。

これから求められるのは、英語4技能をバランス良く高めること

SAPIX中学部 英語教科長
當山 淳

今、日本は、戦後最大規模ともいわれる英語教育改革のさなかにあります。間もなく小5から英語が教科化され、大学入試の英語が4技能化されるのに続き、現在の中1が中3になる2021年度には都立高校の入試にスピーキングテストが導入される予定です。

2020年度から現行の大学入試センター試験に代わって実施される「大学入学共通テスト」の施行調査における英語の問題を見ると、従来のように単に知識を問う問題がなくなり、考える問題が増えました。さらに、英語4技能を測るため、民間の資格・検定試験のスコアも活用される予定です。

教科としての英語のスタートが小5に前倒しされるのに伴い、中学・高校で学習する目標単語数も増加。従来の「中学で1200語、高校で1800語」に対し、中学では1600~1800語、高校では1800~2500語に増えます(小学校での目標単語数は600~700語)。

新学習指導要領では、高校修了時までに「自ら伝えられる主体的な英語力を育成し、新聞レベルの社会的な文章を読んで理解し、その場で意見のやり取りができること」が目標に掲げられています。こうした流れの中で英語の学習の鍵となるのは、「話す」力を含めた英語4技能を、バランス良く高いレベルにまで伸ばしていくことです。

難化する高校入試の英語。思考力を要する作文問題が増加

こうした変化を受け、高校入試の問題も全体的に難化しています。語彙や長文の題材のレベルが高くなってきている他、自由英作文や条件英作文でも、難関校を中心に単なる和文英訳では対処できないような、思考力型の問題が増えています。例えば、今年の都立日比谷高では1枚のイラスト(歩きスマホをしている男性が女性にぶつかり、その女性が痛そうな顔をしている)を見てその状況を説明するという問題が、筑駒高では「ロボット犬と本物の犬ではどちらがペットとして優れているか」というテーマについて考えを述べる問題が、それぞれ英作文として出題されています。

同時に、日本語で答えるのも難しいような題材が扱われるケースが増えています。慶應女子高では「よく訪れるウェブサイトとその理由」について説明するという問題が、都立西高では”Winning isn’t everything.(勝利が全てではない)”という言葉に対して、自分の意見をまとめるという英作文が出されました。このように、各高校の出題傾向が新学習指導要領の求める方向へとシフトしているため、高校入試の問題が難化しているのです。

「作文する→対話する」で、アウトプット力と思考力を養成

このような思考力型の英語の入試問題に対応できる英語力を身に付けるには、どのような対策が必要なのでしょうか。

まず、語学学習の基本はインプットをしてからのアウトプットですから、「読む」「聞く」の練習なしに、「書く」「話す」の上達は不可能です。そのため、これまで通り、単語の学習や発音の練習など、基本的な学習にきちんと取り組んだ上で、「書く」「話す」というアウトプットの訓練を継続することが必要です。そして、アウトプットの上達には、慣れるための機会を意識的にたくさん設定することが大切になります。

そこで、SAPIX中学部では2020年4月より、中3本科生のカリキュラムに、「書く」と「話す」のアクティビティを同時に行える英語オンライン・レッスンを導入し、家庭学習で取り組めるようにします。このレッスンは、「書いて、話す」オンライン英会話スクールを展開するSAPIX YOZEMI GROUPのベストティーチャーと、SAPIX中学部の共同開発によって誕生しました。「作文する→対話する」という一連の流れによって、英語4技能を総合的に伸ばしながら、アウトプットを強化することができます。

また、いきなり外国人講師と会話するだけの一般的なオンライン英会話は、英文法がないがしろになりがちです。しかし、このレッスンでは、課題に沿って話したい内容を生徒自身が考えて、英語で作文し、書いた英文は外国人講師が丁寧に添削してくれるため、正しい英文法や表現を身に付けられるのです

さらに、毎回のカリキュラムは、難関校の出題傾向に基づき、SAPIX中学部が作成しているため、難関校の問題に対応できる思考力と英語4技能が同時に鍛えられる点も大きなメリットです。

ご案内 「書く」×「話す」でアウトプットを強化。思考力を育む 英語オンライン・レッスン ―2020年4月スタート―

「思考力を育む 英語オンライン・レッスン」の詳細はこちら

お知らせ

英語オンライン・レッスン 体験ブースを設置します!

11/4(月・振)・23(土・祝)「SAPIXフォーラム2019 ―高校生に学ぶ合格メソッド―」実施会場に、本レッスンの体験ブースを設置予定です。ぜひ、この機会にお試しください。

  • 対象は、同日の「SAPIXフォーラム」に参加の小学5・6年生、中学1・2年生です。
英語教育情報誌 無料進呈のご案内

資料請求された方を対象に、最新の英語教育情報が満載の情報誌『SQUARE×Y-SAPIX Journal 特別編集号』を無料進呈します。
本誌では、「どう変わる?どう学ぶ?英語教育のこれから」をテーマに、英語4技能化に対応するための学習ポイントや、高校で行われている最前線の英語教育をご紹介します。高校の先生への取材に基づく、貴重な情報が盛りだくさんです。この機会にぜひ、資料請求フォームよりご請求ください。

  • SAPIX中学部の最新のご案内も同封します。
ページトップへ