小学生・中学生にも必要な「英語4技能」対策

小学生・中学生が英語4技能を伸ばしていくにあたり、どのような方針で勉強を進めれば良いのでしょうか。この疑問に答えるべく、SAPIX中学部 英語科の磯金俊一が、小学生・中学生の英語学習に役立つ観点をご紹介します(この特集記事の目次へ戻る)。

小学生・中学生も英語4技能が問われる時代に

解説者:SAPIX中学部
英語科 磯金俊一

英語4技能(読む・聞く・書く・話す)は、英語をコミュニケーションツールとして使うために必須となる能力です。しかし、日本国内ではこれまで、国際交流やビジネスなどを通じて英語話者と直接の関わりを持たない限り、英語でのコミュニケーションスキルが求められる場面はほとんどなく、英語4技能(特に「書く・話す」のアウトプット能力)の必要性には個人差がありました。

しかし、これからは文科省が主導する新学習指導要領大学入試改革を通じて、英語4技能の育成を重視した教育へと舵が切られます。2020年度から始まる大学入学共通テストではリーディングとリスニングが1対1で配点されるのに加え、英語の民間検定試験の活用もスタート。受験者の英語4技能が総合的に測られるようになります。高校入試においても、英語の民間検定試験の活用や、都立高校入試で2021年度に予定されている「東京都中学校英語スピーキングテスト(仮称)」の導入など、入試の英語4技能化が進んでいます。

さらに、難関高校の入試では、読解問題で自分の意見などを英文で書かせるといった、アウトプット力を測る出題が増加。英作文では、時事的なトピックに対する自らの主張を書いたり物語文の登場人物の立場に立って考えを書いたりするなど、「書く」技能に対して要求される水準が高まっています。

今後、この傾向が一層広がり、確立されていくにつれ、英語4技能は個人の学力や教養を測る指標として、より重視されていくものと考えられます。現在の小学生・中学生にとって英語4技能は、高校・大学入試の突破のみならず、社会での活躍を見据えた上でも、重要な能力だと言えるでしょう。

高校入試とその先を見据えて、適切な勉強を

英語4技能はそれぞれ独立したものではなく、相互に関連し合っています。このことを念頭に勉強を進めていくことが、英語学習におけるポイントです。また、「書く」「話す」技能を高める方法として英作文や英会話トレーニングなどのアウトプット学習が有効なのは確かですが、その前提として、十分な語彙や文法知識を習得(=インプット)しておく必要があります。

小学校・中学校で学ぶ英語は、高校入試はもちろん、その先の学習や生活でも必ず役立つ内容です。新学習指導要領における高校の英語の授業では、さまざまなテーマを題材にディスカッションを繰り広げたり、プレゼンテーションやエッセイ執筆を行ったりと、内容が一段とレベルアップします。小学生・中学生のうちから適切な勉強法を通じて英語4技能の基盤を作り、高校入学後、学びの世界の広がりを存分に体感してほしいと願っています。

次のページ:英語で「書く」「話す」ための勉強は“順番とバランス”が大切 »

« 前のページへ 1 2 3 4 5 次のページへ »

ページトップへ