早稲田大学本庄高等学院 2019年出題傾向リサーチ

英語

早稲田大学本庄高等学院 2019出題傾向リサーチ 傾向分析 英語

適語句選択:小問数10

2018 年と同様の形式で出題されました。高校範囲の文法事項に関する出題もありましたが、ほとんどの問題は文法・語法の基本事項に関するものでした。この大問での大きな失点は避けたいところです。

物語文の読解(約590 語):小問数25

少年時代に交流のあった男性の死をきっかけとした主人公の変化を書いた物語文です。本文の総単語数は2018 年より約300 語減少しましたが、本文の前半の内容が掴みづらく、読み進めるのに苦労した受験生が多かったと思われます。出題形式は例年と大きく変わりませんが、頻出の英文和訳は出題されませんでした。問1の適切な語句を補充する問題では、高校範囲の文法知識に関する問題だけでなく、本文の文脈から選択肢を吟味する必要がある問題も出されました。問1 (11) は本文の内容を適切に読み取れているかどうかが試される問題でした。問3 [2]は下線部内の比喩表現をふまえて解答するもので、2018 年に続き比喩表現が問われました。問3 [4]、[5] は話法の転換やas の用法に対する正しい理解が求められました。

対話文の読解(約315 語):小問数12

転校先でのバレーボールチームの入部テストについて父と娘が話し合う対話文でした。大問Ⅱの難度を考慮すると、大問Ⅲで高得点を取りたいところです。問1は本文の該当部分の前後の内容から解答できるものでした。問3[2] は文脈に合うように空欄に自分で考えて英文を補充する新しい形式です。「2~3語」と語数指定があり、またどのような意味の英文を入れるべきか推測しづらいため、難問でした。問3[3] の和文英訳は指定語句からどのような文構造になるのか判断しやすいものでした。

数学

早稲田大学本庄高等学院 2019出題傾向リサーチ 傾向分析 数学

1 小問集合

問1平方根の計算、問2二次方程式、問3円と角度、問4整数の計算の4問構成でした。問4は平均値・中央値の知識と複数解の中から題意を満たすものを絞り込めたかどうかがポイントでした。いずれも標準レベルの問題なので、完答しておきたいところです。

2 確率

2つのさいころの目を用いて作られる二次方程式に関する確率の問題でした。問1は関係式を満たすp とq の組数を容易に求められたと思いますが、問2は解の差、問3は解が無理数という条件に戸惑った受験生も多かったと思われます。

3 関数

長方形の辺上を異なる速さで動く4点についての問題でした。問2までは難度は高くないので着実に得点することが求められます。問3では動点の位置で場合分けが必要となり、特にウでは正確な計算処理ができたかどうかで差がついたと思われます。

4 空間図形

底面が直角二等辺三角形である三角柱の辺上の3点を通る平面に関する問題でした。いずれの小問も立体の表面の線分の長さや面積を求める問題で、適切な平面を取り出すことができれば対応できるシンプルな設定でした。基本問題なので手早く完答することが求められた大問でした。

国語

早稲田大学本庄高等学院 2019出題傾向リサーチ 傾向分析 国語

1 末木文美士の文章

日本の仏教思想について論じた文章でした。日本の思想史に対する筆者の主張の要点が理解できれば、内容把握は難しくありません。例年の傾向通り、設問数が少なかったこともあり、さほど時間をかけずに解くことのできる大問だったと思われます。知識問題は漢字の書き取りと慣用句の知識に関するもので、いずれも難度は標準的なものでした。抜き出しでは答えとなる表現に難解な語句が用いられていたこともあり、前後の内容から意味を推測していく必要がありました。内容理解に関する記号選択では、傍線部と解答の根拠となる表現とが離れていたため、論の展開を正確に把握できていたかどうかがポイントでした。制限字数55字以内の記述では指示内容をきちんと把握するだけでなく、前後の段落の内容と関連づけてまとめていく力が求められています。

2 保坂和志『祖母の不信心』

祖母の死に対する周囲の人間の話しぶりを例に挙げながら、方言の一種である「甲州弁」の特徴について論じた文章でした。平易な言葉で書かれていることに加えて、具体例も多く用いられているため、例年と比較しても読みやすい文章だったと言えます。ただし、例年に比べて抜き出しが5問と多かったため、解答の条件や設問の意図に十分留意しつつ、特定の問題に時間をかけすぎることのないように時間配分にも気をつけながら取り組む必要がありました。また記述問題では30字以内という限られた字数の中で、文章全体の流れをふまえながらコンパクトに解答をまとめることが求められました。漢字の読み取り問題は大問1と同様に標準的な難度です。

ページトップへ