「心から尊敬する先生と出会えた事」K.Bさん(早稲田大学本庄高等学院 進学)保護者様より

K.Bさん(早稲田大学本庄高等学院 進学)保護者様より
家でも「おっ」と驚く知的な会話が増え、彼女自身の好奇心や思考力も養っていただいているんだなぁ、と何度感謝したかわかりません。

SAPIXには3年間お世話になりました。成績が安定し、問題がない時は気がつかないものですが、SAPIXに入って良かったと思ったのは大きなスランプに入った時でした。壁にぶつかったのは中2の夏、志望校もなく、受験に意義を見出せず、悶々としていました。それは冬になっても変わらず、未提出の宿題が60冊以上にまでたまった時点で辞めるつもりで先生に相談。そんな娘に先生方は真摯に向き合ってくださり、自習に行くことが増え、先生が追っかけてくるから居残りしなきゃ、と冗談まじりに笑う娘の顔は嬉しそうでした。長いスランプというトンネルを抜けることができたのは、根気強い、暖かくも厳しい先生方の指導のおかげです。 入って良かった理由は勉強だけではありません。中学校では同じ志をもつ友達に出会うことができず、授業も楽しく感じられないと真剣に悩んでいた娘には、SAPIXに心から尊敬できる先生や信頼できる友達がいたことは大きく、SAPIXとの出会いがなかったら、今の結果はなかったことでしょう。人生の転機がいくつかあるとしたら、確実に一番大きな転機でした。中3になり、大変ながらも授業は楽しいようで、帰宅後、○○先生がね、と授業の話になり、それを聞くのが私の楽しみになっていました。家でも「おっ」と驚く知的な会話が増え、彼女自身の好奇心や思考力も養っていただいているんだなぁ、と何度感謝したかわかりません。

いよいよ受験も押し迫り、1月に入ると過剰にセンシティブになり、頑張って、と言われるとプレッシャーになるようで、言葉がけに気をつけ、受験の話はあえてしませんでした。家では机に向かっている様子もなく不安でしたが、毎日自習に行っていたので全部お任せすると腹を決めて、食事などの健康面のみ気を配りました。ポイントのずれた勉強をして成績が伸びず焦っている娘に、今やらなければならないことやらなくていいことをはっきりとご指導してくださり、点を取れるようになってきたのが1月。冬の短い期間で成績が伸びていることが親の目にもよくわかりました。

合格、本当におめでとう!先生方、娘を合格へ導いてくださり本当に感謝しております。

ページトップへ