「マイペースから実った合格」Y.Kさん(筑波大学附属駒場高校 進学)保護者様より

Y.Kさん(筑波大学附属駒場高校 進学)保護者様より
中学での様々な経験を糧に、これからの新しい出会いを楽しみに自分が好きだと思えることを息子なりのペースでよいので見つけていってほしいと心から思っています。

ちらちらと雪が舞い底冷えのする筑駒の合格発表の日。筑駒の受験が終わった日はそれまでとは全く違う様子だったので、親としては不安な気持ちで迎えた発表の日でした。もし不合格だった時、そばにいて何と言葉をかけたらよいのかと思いながらも息子の前ではなるべく普段通りにしようと装うのはなかなか大変でした。息子が数歩前を歩いていき掲示板の番号を確認して、クールに「あったよ」と振り向いて言うのを一瞬信じられない思いで聞き、その後はほっとして嬉しさがこみあげ今思い出しても涙がこぼれそうになります。

小さい頃から大人しくあまり手のかからない子でした。中学生になってからも色々と苦手なことはあるものの、自分のことは自分で考えてコツコツと真面目に取り組んでいたので、勉強も親が何か言うようなことはありませんでした。SAPIXの授業は分かりやすく非常に面白かったようですし、無口でコミュニケーションの苦手な息子も徐々に先生に質問しに行くようになり、息子にはとても合っていたようでした。SAPIXの先生方は息子の性格をよく理解して下さっており、志望校を考えていく上でも大変信頼でき、支えていただきました。時には親の些細な悩みにも相談に乗って下さり、親子共々支えていただきました。

「すべて合格できるように頑張りましょう」というSAPIXの先生の言葉通りに、中学に入学した頃には思いもよらないような素敵な学校に合格することができました。静かな中にも自分に厳しさを持ち、最後までやり遂げる力をつけている息子にこの上ない成長を感じます。中学での様々な経験を糧に、これからの新しい出会いを楽しみに自分が好きだと思えることを息子なりのペースでよいので見つけていってほしいと心から思っています。

SAPIXの先生方、3年間マイペースな息子を温かく見守り熱心にご指導下さり、親子共々心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

ページトップへ