『「相性」は先生のおかげ』R.Oさん(開成高校 進学)保護者様より

R.Oさん(開成高校 進学)保護者様より
塾との相性の良し悪しという言葉を聞きますが、それは偶然ではなく、先生方が個々にあった対応、指導で作って下さっていたもの、と今は感じています。

息子がSAPIXに入室したのは、中学受験組に触発された小6の秋です。中学受験には遅すぎる、それなら高校受験がある!と思ったのでしょうか。塾は中2頃からでも十分かと思っていた私としては、早過ぎるスタートが心配でした。途中で息切れしてしまうのではと思ったのです(余談ですが、SAPIXの先輩お母さんには、「今からSAPIXに通っていたら、開成に行けるね」と言われ、「いやいやそれはない」とその時は断言していました。今思うと先輩母、そしてSAPIXも恐るべしです)。

さて、いざ通い始めると心配無用で、この時期のスタートが彼にとってはよかったようです。中2までは拘束時間もそれほど長くないので、部活中心で無理なく両立していました。ただ、中3からは授業数も増えSS特訓も始まり、私などはよく行くなぁと感心して見ていました。とにかく授業が楽しかったようです。部活の大会や体調が悪い時以外は休むことなく通い、修学旅行の後でさえ教室に向かっていたほどでした。

サピックスオープンで判定がCやDだった理社がようやく上がってきたのは、中3夏頃からです。この頃から開成、国立が現実的な志望校になってきました。また、SS特訓で他校舎の生徒さんと一緒に勉強することが、非常によい刺激になりました。毎週会っていた仲間(残念ながらお話はできなかったようですが……)の存在が、受験会場で自分を安心させてくれるというおまけもついたようでした。

「おまけ」と言えば、先生方は息子に「絶対合格」ではなく、「おまけ」を取っておいでと受験に送り出してくれたそうです。受験までの頑張った経過が大事で、合格はその後の「おまけ」だと。この言葉は息子をとてもリラックスさせたようでした。私自身、合格発表までの数日はこの言葉を自分に言い聞かせていました。息子は開成受験の後、「開成の合格はないから」と言い切っていましたので……。

最後に、難しい年頃のややこしい息子を素直な生徒に変身させてしまう先生方の手腕には驚くばかりでした。「この期に及んで!?」と言いたくなった冬期講習中の欠席。なぜか2回休んだ息子に先生は、「それも調整」と上手にフォローして下さいました。塾との相性の良し悪しという言葉を聞きますが、それは偶然ではなく、先生方が個々にあった対応、指導で作って下さっていたもの、と今は感じています。親が口出しせずに全てをSAPIXの先生方と本人に任せたことが、良い結果に繋がったように思います。本当にありがとうございました。

ページトップへ