「信頼できる先生がいることの安心感」F.Bさん(筑波大学附属駒場高校 進学)保護者様より

F.Bさん(筑波大学附属駒場高校 進学)保護者様より
受験は終わり、4月から高校で新たな生活が始まりますが、SAPIXで学び身に付けたことは、高校でも活かせると思います。

息子が在学していた中学は、内部進学テストがあるものの、普通に勉強していれば附属の高校に進学できる学校でした。SAPIXには中学1年生から通っていましたが、当初は知識の吸収と勉強の習慣を身に付けさせるのが目的で、内部進学させることも当然考えながら通塾させていました。

ところが、SAPIXの授業を受け仲間たちと学んでいるうちに息子が「テストで良い成績を取りたい」と思うようになり始めました。学校の勉強や行事と両立させることが難しく、SAPIXの宿題をしていない時などは模試の結果に如実に反映されました。また苦手で後回しにした科目を中途半端に勉強したまま試験を受けると、それも結果として表れました。そんな時、先生方から的確なアドバイスをいただき、努力すれば結果が出るということを指導していただきました。叱咤激励いただく中で、息子の中で高校受験にチャレンジしたいという意欲が高まり、志望校も全て自分で決めました。難度が高い学校を目標に設定したため、親としては不安が大きかったのですが、SAPIXの先生から「才能はある。やればできる」と勇気づけていただき私も腹を括りました。

中学3年生の春から、勉強時間が大幅に増え、授業がない日でもSAPIXに行き、毎日遅くまで勉強するようになりました。勉強時間は⾧かったのですが、丁寧な勉強を省くことがあり、社会や理科の取りこぼしを押さえていくという取り組みが不足していました。そんな時も各教科の先生方に具体的にどのテキストから復習しなければならないか丁寧にご指導をいただいていました。その結果、志望校に合格することができました。

生徒一人ひとりの性格を把握したベテランの先生方にご指導を得られる安心感は大きかったです。親の言うことは聞かない息子も先生のアドバイスには従っていました。受験は終わり、4月から高校で新たな生活が始まりますが、SAPIXで学び身に付けたことは、高校でも活かせると思います。

最後に、受験の日朝早くから校門で教え子達を待ちエールを送ってくださった先生方、合格発表の日、誰よりも早く来て掲示板の前で固唾をのんで結果を見守っていらした先生方、これまで温かくご指導くださった先生方に心から感謝いたします。ありがとうございました。

ページトップへ