「ありがとうSAPIX」K.Mさん(慶應義塾志木高校 進学)

K.Mさん 慶應義塾志木高校 進学
併願合格高校:慶應義塾高校、早稲田大学本庄高等学院、栄東高校(東医)、朋優学院高校

同じ目標を持って支え合った仲間、ハイレベルで面白い授業と安心感を与えてくれた先生方、そしていつも温かく見守ってくれた家族、本当に感謝しています。

私は中学1年の夏にSAPIXに入室しました。2年までは、課題をやるだけ、ノートを取るだけ、といった勉強をしていました。クラスが下がったときだけ真剣に勉強をしていました。SAPIXの授業は好きでしたが、受けただけで満足し、復習が足りませんでした。

3年生になったとき、授業内で先生に「自習をしにきなさい」と何度も言われていたので、私は空いている時間はできる限り、自習をしにSAPIXに行くことを決めました。自習に通ったことで、共に頑張る仲間ができました。勉強に真面目に取り組むことで、授業もより集中して受けられるようになりました。課題で分からなかったところは必ず質問に行き、ノート作りや授業の復習にも力を入れ始めました。先生方の授業はとても面白く、インパクトが強くて頭に自然と入りやすいものばかりでした。努力家で面白い仲間たちと最高の先生方のおかげで、勉強を楽しいと感じるようになりました。自分自身も授業内のテストやサピックスオープンでよい結果が出ることが多くなっていきました。

そして、受験本番が始まりました。実力を出せば合格できると言われていた立教新座高校は、補欠という結果でした。発表時、授業前で教室にいたのですが、友だちは私を過度に慰めることもなく、いつも通り明るく接してくれました。先生方も、「大丈夫だから気にせずやるべきことをやろう」と言ってくれました。その結果、周りの人たちに支えられて、補欠の結果を気にすることなく試験に臨み、受験した早慶高すべてに正規合格することができました。仲間も全員それぞれの志望校に合格し、喜びを分かち合えたことは最高の思い出です。同じ目標を持って支え合った仲間、ハイレベルで面白い授業と安心感を与えてくれた先生方、そしていつも温かく見守ってくれた家族、本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました。

ページトップへ