「私と学びとサピと」T.Mさん(西大和学園高校 進学)

T.Mさん 西大和学園高校 進学
併願合格高校:愛光高校

そして入試本番。併願校に合格でき、第一志望にも合格することができました。まさに「下剋上」だったと思います。

僕は中3の3月にSAPIXに入室しました。そして、1年間サピで勉強以外のこともたくさん学びました。その中でも特に重要だと思うことが三つあります。それは、「先生の話を素直に聞き、しっかりと実践する」「基礎をしっかり固める」「復習をしっかりとする」ことです。

入室当初、中3の内容がすべて未習だった僕は、中3の基礎から学ぶ必要がありました。そのため授業についていくのが大変で、正直なところつらかったです。ですが、先生の指示に従って何とか6月には中3の内容をひと通り終えることができました。ですが、このときは本気で勉強をしていませんでした。このまま夏に突入。すると周りの人たちはたくさん勉強しているのに、自分は圧倒的に量が足りておらず差は広がるばかり。そして後期クラス分けテストでは散々な結果でした。

しかし、サピの先生は僕を叱るだけでなく、これからの大きな方針を示してくれました。「君は理社が得意だから、そこは引き続き伸ばし、苦手な3科目はSS特訓を3科目にして集中的に強化しよう」と言われ、夏休み明けから本気で勉強しました。こなすことしかせず復習をしなかった課題や授業のテキストをさらって身につけ、特に苦手だった数学と英語は基礎確認のテストやSS特訓の教材のテストを復習し、身につけていきました。すると、徐々に授業での過去問演習で高得点が出せるようになり、特に数学はスピードも正答率も上がりました。ですが、英語の長文だけは一朝一夕にはできず、量をこなすしかありませんでした。そのため、受験する高校の過去問を12年分くらい解いてコツと感覚を掴みました。

そして入試本番。併願校に合格でき、第一志望にも合格することができました。まさに「下剋上」だったと思います。僕が第一志望に合格することができたのは、家族やサピの友だち、先生、スタッフの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

ページトップへ