「この3年間で得たこと」M.Hさん(都立日比谷高校 進学)

M.Hさん 都立日比谷高校 進学
併願合格高校:筑波大学附属駒場高校、青稜高校

SAPIXの授業を受け、課題、復習、質問を繰り返せば、自分の望む高校に行くことができると思います。

僕がSAPIXに入室したのは、小学校のときに仲がよかった友だちがSAPIX小学部に通っていて、とても楽しそうだったからです。SAPIXは、個性的な同級生や先生方がいて、授業はいつもすごく面白く分かりやすいです。僕はこの3年間、楽しく過ごすことができました。

受験を終え、改めて考えると、やはり復習はとても重要だと感じます。僕は、1、2年の頃はあまり復習をしませんでした。なので、同じような問題でミスをしたり、学習した内容が他の問題に応用できなかったりしました。3年生になって、先生に声をかけられ、復習を本格的に始めました。すると、問題で同じミスをすることが少なくなりました。しかし、3年になってから復習を始めると、1、2年の頃にないがしろにしていた部分で、取りこぼしが多く目立ちます。どんなに難しい問題でも、元をたどっていけば、初めの頃に習ったことに行きつきます。だから、復習はできるだけ早い段階で進めることが大事だと思いました。

また、勉強をするうえでは、時間の管理も重要だと感じました。僕は吹奏楽部に入っていたので、他の人よりも勉強する時間が少なくなってしまったのですが、前日に計画を立てておけば、時間が足りなくなることも少なかったと感じます。さらに、計画を立てれば、自分の苦手な科目に多くの時間を使い、克服することもできます。

僕は、SAPIXに入ったからこそ、部活に取り組みつつ、志望校に合格することができました。SAPIXの授業を受け、課題、復習、質問を繰り返せば、自分の望む高校に行くことができると思います。

ページトップへ