「粘って、粘って、粘って手にした合格」A.Nさん〈洛南高校(空パラダイム) 進学〉

A.Nさん 洛南高校(空パラダイム) 進学
併願合格高校:岡山白陵高校、帝塚山高校

これから受験を迎える人たちに伝えたいことは、最後まで粘ることも大切だが、兎にも角にもコツコツ取り組むことが大切。それが合格への一番の近道ではないだろうか。

僕は中3になる直前、焦っていた。というのも、学校でいつも一緒にいる友だち2人は、難関私立高校を目指し、部活に勉強にと、忙しい毎日を過ごしていた。一方、僕は放課後は部活をして、家に帰るとゲームして寝る怠惰な生活をしていた。このままでは、完全に僕だけ取り残されてしまう。そう思った僕は、思いきってサピの入室テストを受けることにした。が、入室テストの結果を聞いて唖然。学校の定期テストではそれなりの点数を取っていた自分が、こんな点数。どれほど井の中の蛙であったかを思い知らされた。

入室してからも驚きの連続だった。周りの人のレベルが高いこと、課題の量、3時間の授業。正直1年間やっていけるのか心配にもなった。けれどもそんな不安は、一番苦手だった英語の授業が楽しいと感じた頃には、キレイサッパリなくなっていた。部活に勉強にと前期中は忙しかったが、部活を引退した夏休み、後期はこれまでにないほど勉強した。しかし、成績は入試直前サピックスオープンまで一度も洛南高校に届くことはなかった。が、この事実が年明けからの粘りの原動力だったと、今は思う。

直前になって不合格をとても意識するようになった。あまりよい方法ではないが、不合格になった自分を想像して、そうはなるまいと家に帰るとすぐに机に向かい、寝る間も惜しんで必死で勉強した。この体験記を読んでいる受験生は、こんな心身に悪い方法をしなくてもよいようにコツコツ勉強してほしい。年明け、粘りに粘って迎えた、洛南高校の受験日。叩かれたら割れそうなくらいガチガチに緊張していて、解けた感触もあまりなかった。正直なところ不合格だろうと思いながら見た合格者番号の掲示板に、自分の番号があったときのうれしさと驚きと感動が混ざった何とも言えない気持ちは、一生忘れないと思う。

これから受験を迎える人たちに伝えたいことは、最後まで粘ることも大切だが、兎にも角にもコツコツ取り組むことが大切。それが合格への一番の近道ではないだろうか。

ページトップへ