「諦めずに頑張ること」R.Nさん(都立西高校 進学)

R.Nさん 都立西高校 進学
併願合格高校:栄東高校、広尾学園高校

高校受験で大切なことは、諦めずに努力し続け、途中で失敗してもその悔しさをバネに頑張ることです。

高校受験で大切なことは、諦めずに努力し続け、途中で失敗してもその悔しさをバネに頑張ることです。

私は小6のときに、無謀だと知りながら国立大附属中学を受験することにし、必死に頑張りましたが、あと一人のところで繰り上げ合格から外され、今までで一番悔しい思いをしました。その悔しさから高校受験では「絶対に成功するぞ」と決意しました。そして、リベンジの思いで国立大附属高校を目指すことにし、ハイレベルで有名なSAPIXに入ったのです。入室すると想像以上に授業が面白く、先生方に親身に指導していただいたおかげで、1年生のときは授業についていくことができました。しかし、2年生になると授業はA・Bに分かれ、得意な国語以外のA授業のテキストの課題を提出できないことが増え、授業についていくことも大変になりました。今思うと、もっと先生に質問して解決すべきでした。

2年の夏、初めて都立西高に行ってみて、自由な校風にひかれてここを第一志望にしてもいいのではと思い始めました。自分の意志、中学受験のリベンジの思いを簡単に曲げるのが嫌でしたが、3年の夏まで親と話したり、サピの先生と話したりし、結局、西高を第一志望にすることにしました。

私は、1年生の頃から変わらず、課題をこなすスピードが遅く、国立志望だったのでSS特訓で長文を時間内に読むのが大変で、苦労しました。私が一番危機を感じたのは、都立日比谷・西高入試プレで、合格可能性20%という数字を取ってしまったときです。私はそのとき、絶望的になり、親にも西高は諦めたほうがいいと言われました。それでも絶対に諦めるのは嫌だったので、悔しさをバネにその日から毎日、サピに通い猛勉強しました。過去問をたくさんやり、苦手な社会の知識事項は電車の中や食事中にも必死で覚えました。だから自分が合格したと分かり、泣きました。

こんな私が志望校に合格できたのはサピの先生方のおかげです。本当に感謝しています。また、いつもお弁当を作ってくれた母や、厳しいことを言ってくれた父の支えのおかげでもあります。

ページトップへ