「勉強を楽しむ」H.Nさん(開成高校 進学)

H.Nさん 開成高校 進学
併願合格高校:慶應義塾志木高校、栄東高校、西大和学園高校

後輩の皆さんも、自分に合った勉強のしかたや工夫を探してみてください。そして、自分を信じて人生に一度の高校入試を楽しんでください。

僕は中2の夏にアメリカから帰国して、3年ぶりにSAPIXに入室した。それは小学生のときに諦めた開成を受験するという夢を叶えるためだった。初めのうちは英語は授業についていくことはできたものの、ほかの4科目はみんなより大幅に遅れていた。特に理社はアメリカで全く勉強しておらず、悲惨な状況だった。しかし、僕は楽観的で勉強嫌いだったため、部活動や遊びを優先し、必死に勉強することもなく中3の夏まで過ごしてしまった。それでもSAPIXの授業が分かりやすく、面白かったこともあり、成績は落ちることなく勝負の夏に突入した。

いくら楽観的な僕でも周りが必死に勉強する姿を見て危機感を持ち始めた。しかし、勉強嫌いな僕にとって長時間勉強することは苦痛だった。そこで勉強を楽しむための二つの工夫をしてみた。一つ目は、勉強を開始するときに自分の好きな音楽をかけて、テンションを上げて勉強を始めること。科目別に音楽を変えることで、より飽きずに楽しく勉強することができた。二つ目は、弱点補強ノートを作ることだ。弱点補強ノートを見返すことで、徐々に分かる問題が増えていることを実感でき、達成感が得られてきた。そうすると成績も徐々に上がってきた。成績が上がると勉強も楽しくなり、いわゆる「正のスパイラル」状態になった。

こうして受験勉強に悪戦苦闘しながら開成高校の試験日を迎えた。自分が勉強してきたことを出すだけだと割りきることができたおかげで、あまり緊張することなく問題を解くことができた。周りを見る余裕もあり、休み時間に軽食もとることができた。これは大きな勝因だったと思える。

後輩の皆さんも、自分に合った勉強のしかたや工夫を探してみてください。そして、自分を信じて人生に一度の高校入試を楽しんでください。

ページトップへ