「受験を通して学んだこと」S.Tさん(お茶の水女子大学附属高校 進学)

S.Tさん お茶の水女子大学附属高校 進学
併願合格高校:栄東高校

受験ではさまざまな思いをし、たくさんのことを学びました。今は苦労をしていても、努力すればきっと合格につなげられると思います。

私がSAPIXに入室したのは2年の初めの頃です。入室して一番驚いたことは、学校で学習する内容を勉強するのではなく、1年から高校受験に向けた発展的な勉強をしていたことです。発展問題の演習を中心とした学習が合格の秘訣だと思います。

私は2年の後半から部活動の部長になり、引退も遅く10月半ばまで部活動を続けていました。3年生の夏休みは、部活動があり自習の時間も限られました。そんななか、テキストや電話帳、知識を身につけるのは大変でした。しかし、講習後など、できる時間は自習をし、クラスの友だちに後れを取らないように、1日10時間勉強できるように頑張りました。その夏期講習は、私にとって飛躍点となりました。私は数学が苦手でよく計算ミスをしていました。夏休みは基本的な問題を多く解き、質問をして基礎を固めようとしました。すると、夏期講習後のサピックスオープンではそれまでよりも大きく得点を上げることができました。苦手は得点を上げる源となるので早めに克服すべきものだと分かりました。

受験勉強をするなかで大切なこともいくつか見つけました。一つは学校生活を疎かにしないということです。授業には集中して取り組み、提出物は必ず期限を守るなど、学校での凡事を徹底することが大切だと思いました。内申点を十分に取ることで受験本番も安心して迎えることができると思います。もう一つはクラスの友だちです。私のサピのクラスは仲がよく、雰囲気もよかったです。「受験は団体戦」と言われますが、確かに共に勉強してきた仲間がいると思えば受験本番も心強かったです。

受験ではさまざまな思いをし、たくさんのことを学びました。今は苦労をしていても、努力すればきっと合格につなげられると思います。次の受験生の皆さんは、毎日コツコツと勉強し、頑張ってください。

ページトップへ