「努力なくして成功なし」M.Sさん(中央大学高校 進学)

M.Sさん 中央大学高校 進学
併願合格高校:駒込高校(特S)、専修大学松戸高校

そして、一生懸命勉強することを決意し、今までにないくらい本気で勉強に取り組みました。

私がSAPIXに入室したのは、中学2年の4月でした。1年生の頃に別の英語の塾に通っていたこともあり、英語は比較的できていたし、最も得意な国語も問題はありませんでした。しかし、苦手意識を強く持っていた数学はいつまでも自信がなく、かといって復習もあまりしませんでした。そのままクラスが上がることもなく、3年に進級しました。3年生になり、そろそろ本気に切り替えて勉強しなければならないと思い始めましたが、「まだ時間はある」という気持ちがどこかにありました。そして、そのまま迎えた夏休み。明確な志望校も決まっておらず、ただ課題をこなしているだけでした。

夏休みが終わり、後期になりました。その頃、私は不安でいっぱいでした。なぜなら、志望校が未だに決まっていなかったからです。周りの皆は自分の目標に向かって努力しているのに、私はただ過ごしているだけで、本当にこのまま高校が決まるのだろうかと、恐怖さえ感じていました。

12月頃になり、進路を決める時期になりました。そのとき私は初めて自分が本当にしたいことが分かり、志望校を決めることができました。そのまま推薦入試を迎えましたが、結果は不合格。その瞬間に後悔がどっと押し寄せてきました。そして、一生懸命勉強することを決意し、今までにないくらい本気で勉強に取り組みました。

試験当日、私はあまり緊張していませんでした。最初の国語では直前まで見ていた漢字が出たり、苦手な数学でも勘がピタリと当たったりしました。面接もうまくいき、「これで落ちても後悔はしない」と思いました。合格発表当日、私は別の試験があり学校に行けなかったため、親からの電話で結果を知りました。結果は合格。今までの努力が報われた瞬間でした。私が合格できたのもSAPIXという存在があったからです。本当にありがとうございました。

ページトップへ