『「帰国生だから……」ではなく、「帰国生だからこそ!」 』Y.Sさん(筑波大学附属駒場高校 進学)

Y.Sさん 筑波大学附属駒場高校 進学
併願合格高校:開成高校、慶應義塾志木高校、国際基督教大学高校、栄東高校(S特待)、渋谷教育学園幕張高校(特待)

SAPIXには熱くなれる環境がある。帰国生であることや、遅い入室を、決して諦める理由とはせずに、原動力としてほしい。

中3の夏、帰国してすぐの状態でSAPIXの入室テストを受け、なんとか基礎クラスに入れた。当時、海外で通信講座の教材をためてしまいがちだった僕の怠惰さと実力では、周りの生徒に到底敵わなかった。英語はさておき、どの科目も圧倒的に知識不足だった。充実した高校生活の獲得にはほど遠い日々が続いていくように思われた。

そんな僕を変えたのは、先生方の熱意だった。いかに短期間で多くの基礎知識を身につけられるのか、落ちこぼれだった当時の僕に寄り添って考えてくれた。やがて築かれた信頼関係が、そっと背中を押してくれたのだろう、教室にこもり学習することも苦にならなくなり、実力をつけていった。

秋になるとクラスが上がり、志望校が定まるとともに、弱点が明確になった。僕の弱点は数学と理科で、海外での学習内容との差に苦戦した。例えば冬休みには、プリントやテキスト、電話帳の指定された問題をとにかく大量にこなすことで数学に没頭した。数学のテキストの難問はどんなに時間をかけてでも自力で解法を見つけ、答えはすぐに見ないようにしていた。理科では、筑駒高入試プレでの惨敗を教訓にして、物理・化学分野での素早い解答を目指し、『分野別問題集』に取り組んだ。さらに、科目に関わらず、過去問演習をする際には、時間配分や解き方、知識量をじっくり反省し、質の向上に努めた。

誰よりも丁寧に多く勉強しなければ周りに追いつけないと、常に思っていた。勉強を始めたばかりの帰国生はどの分野においても後れを取っている。だが、これを逆手にとって、必ず追いついてやろうという胸躍る挑戦の意志に変えてみてはどうだろうか。SAPIXには熱くなれる環境がある。帰国生であることや、遅い入室を、決して諦める理由とはせずに、原動力としてほしい。

最後に、先生方や関係者の方々に、感謝申し上げます。僕をここまで連れてきてくださりありがとうございました。感無量です。

ページトップへ