「負けず嫌いは最後まで!」T.Kさん(県立船橋高校 進学)

T.Kさん 県立船橋高校 進学
併願合格高校:市川高校

周囲の人々に支えられた受験でした。能力の面だけでなく、人間性における成長もできたよい受験ができました。

私はなかなか志望校が決まりませんでした。周りの友だちが次々と志望校、受験校を決定していくなかで、自分だけが取り残されているように思われ、また親にも急かされて、次第に焦りが大きくなっていきました。目標が明確でないと努力するのが難しいと先生方がおっしゃることを実感しつつ、負けず嫌いの精神だけを武器に日々の授業や模試に取り組んでいました。その頃はまだ、テキストの問題がどの学校の過去問なのかを気にすることはありませんでした。

しかし、志望校を迷いながらも先生に自分なりの結論を伝えたときには、「結論を出したことがまず大きな一歩だ」と言っていただき、とても前向きな気持ちになるととともに、勉強へのモチベーションが高まりました。今振り返ると、その言葉のおかげで勉強を諦めずに続けられたのだと思います。

過去問や授業内での競争が日々激しくなっていくなか、初めはクラスでビリだった科目も年が明けると少しずつではありましたが、結果が出せるようになりました。特に苦手だった数学で周りの友だちより高得点を取れたときには、コツコツとやっていた『早慶への数学』などが役に立ったと思い、とてもうれしかったのを覚えています。

受験本番が始まり、1月の試験で思うように結果を出せずつらい時期にも、「まだ終わっていない。これからだ」と先生に励ましていただき、同時にアドバイスをいただきました。また県立高校の後期試験に回った友だちの応援もあり、最後まで一生懸命、受験に向き合い続けることができたと思います。周囲の人々に支えられた受験でした。能力の面だけでなく、人間性における成長もできたよい受験になりました。

ページトップへ