「合格の要因」R.Oさん(開成高校 進学)

R.Oさん 開成高校 進学
併願合格高校:慶應義塾志木高校、桐蔭学園高校、西大和学園高校

いかに勉強を習慣化させたうえで、地道な努力を積み重ねていけるかどうかが大切だということです。

私は小6の秋から、3年と少しの間SAPIXに通い、先生方のおかげで第一志望に合格することができました。今になって思えば、主に二つの要因が私を合格に近づけたのだと思います。

一つ目は、夏休みです。夏休みが近づくと、受験生としての自覚と緊張が強くなり、多少の不安を覚えました。しかし、SAPIXの先生は、どこを勉強したらいいかなどについて的確な指示を与えてくださったので、勉強すべきことが分からない、といったような悩みを一切持ちませんでした。また、先生が課題をこまめに提出するように促していたので、少ない日数で一気に終わらせるということがなく、日々の勉強をより習慣化させることができました。このようにして、中3の夏休みは他の生徒に負けてはいられないという危機感のもと、長時間勉強できたことが合格の要因の一つだと思います。

二つ目は、テキストや先生方をはじめとした、SAPIXという塾そのものです。SAPIXのテキストは、同じ内容が何度か出てくるので、知らない間に重要な事柄を覚えることができました。例を挙げるとしたら、『Grammar Pass』などです。また、先生方は、理社が苦手だった僕に対し的確な指示を出してくださったので、第一志望の過去問を解くときに、受験生の平均を確実に超えられるようになり、自信につながりました。加えて、先生が生徒に寄り添い、どんな質問であろうと、熱心に考えて答えてくださったので、SAPIXに行くのが嫌だと感じたことはありませんでした。SAPIXと、夏休みを含む日々の地道な勉強とが、私を合格させたのだと確信しています。

最後に、私からこれから受験をする皆さんに何か助言をするならば、塾選びに関しては皆さんはおそらく成功していると思うので、あとは、いかに勉強を習慣化させたうえで、地道な努力を積み重ねていけるかどうかが大切だということです。

ページトップへ