「心意気」R.Eさん(早稲田実業学校高校部 進学)

R.Eさん 早稲田実業学校高校部 進学
併願合格高校:お茶の水女子大学附属高校、栄東高校、中央大学附属横浜高校

何より大切なのは、「絶対ここに受かってやる」という心意気だと思います。

私がSAPIXに通い始めたのは中1のときでした。しかし、まだ目標もはっきりとはしていなかった私は、あまり勉強に身が入らず、特に苦手な英語はほとんど手をつけることができずにいました。ですが、中2の頃から自分で受験について考え始め、以前行った早実の文化祭を思い出し、中3になったときには早実に絶対に行きたいという意志を固めました。しかし同じ頃、中3の初めにクラスが下がったことから、周囲に置いていかれてしまっていることにも気がつきました。それでも早実を諦めたくなかった私は、苦手だった英語の勉強時間を増やし、できるだけ自習に通い、先生にも積極的に質問をするようにしました。

夏期講習の直前でクラスが上がり、モチベーションを保ったまま、午前中は図書館、午後はSAPIXで勉強を進めました。まだ志望校には厳しい成績でしたが、英語の文章がだんだん読めるようになるなど、授業や模試の問題を解くなかで、勉強の成果を実感していました。ただ成績にはなかなか反映されず、本当に2月までに早実の問題が解けるようになるのかという焦りもありました。しかしそのときの「大丈夫。しっかり解けるようになっているよ」という先生の言葉に励まされたことをよく覚えています。

受験勉強をしているうちに志望校への思いはどんどん募っていき、秋、冬と駆け抜けることができたと思います。受験直前には緊張のせいか微熱を出してしまいましたが、今までやってきたことを信じ、焦らず本番に臨むことができました。

何より大切なのは、「絶対ここに受かってやる」という心意気だと思います。曲がらない信念を持って受験勉強に取り組んでください。また、苦手科目はコツコツと早めにやっておくのがよいと思います。最後に、たくさん迷惑をかけてもしっかり対応してくださり、授業や質問の時間も充実したものにしてくれた先生方、最後まで信じて応援してくれた家族にお礼を言いたいです。ありがとうございました。

ページトップへ