「2度の転機」T.Iさん(慶應義塾高校 進学)

T.Iさん 慶應義塾高校 進学
併願合格高校:慶應義塾志木高校

自分を信じ、勉強を続ければ、結果は後から必ずついてきます。

僕は小学6年生の3月、新中1生としてSAPIXに入室しました。中1、中2の頃の僕は、本当に怠惰な人間でした。課題も半分くらいしかやらず、SAPIXがない日はほとんど勉強をしていませんでした。そのせいで、テストの偏差値はいつも50前後。クラスも当然、基本的に基礎クラスにいました。

そんな僕に、一つ目の転機が訪れたのは中3の7月でした。部活動の最後の大会が終わり、引退しました。そこから僕の本気がサッカーから勉強へと移りました。そこから毎日、欠かすことなくSAPIXに自習に行くようになりました。毎日勉強していくと夏休みの途中から段々と勉強が楽しくなってきました。しかし、テストの点数はびっくりするくらい悪かったです。8月のテストでは偏差値48、9月も48、11月も48と志望校の合格は夢のまた夢でした。こんな僕でもSAPIXの先生は見捨てることなく励ましてくれました。「こんなに毎日やっているのだから、伸びないわけがない。落ち着いて100%の力を出しきろう」と。このおかげで、僕はめげることなく続けることができました。

そんな僕に2度目の転機が来たのは12月でした。志望順位の高い学校の学校別入試プレがあり、そこで合格可能性80%を出すことができました。そこからは自信をもって勉強に取り組むことができました。その後も、12月のサピックスオープンや第一志望校の学校別入試プレで、75%と80%とよい結果を出すことができました。こうして最後になって数字がよかったことで、精神的にとても楽になりました。入試本番も緊張することなく、自分の力を出しきることができました。そのおかげで僕は見事に第一志望校に合格することができました。

自分を信じ、勉強を続ければ、結果は後から必ずついてきます。頑張ってください。

ページトップへ