「掲示板に見つけた自分の番号」R.Iさん(筑波大学附属高校 進学)

R.Iさん 筑波大学附属高校 進学
併願合格高校:慶應義塾女子高校、栄東高校、渋谷教育学園幕張高校

受験勉強は長く、大変なものだと感じるかもしれませんが、合格発表の日に自分の番号を見つけたときの喜びは、絶対に忘れられません。

私は中学進学と同時にSAPIXに入室しました。当初は基礎クラスからのスタートで、授業や周りのレベルの高さに圧倒されていました。毎回の課題はこなしていたものの、家庭学習の習慣はなく、なんとなく通塾していました。

そんな私が本格的に受験勉強を始めたのは中3の春頃です。サピックスチャレンジテストの結果がよく、この成績を保ちたいと思ったことがきっかけでした。特に力を入れた科目は、数学と苦手意識を持っていた社会です。数学は毎回配られるテキストの問題をすべて解き、分からない問題は先生に質問することを継続したのが功を奏し、得意科目へと変えることができました。社会は『基本事項チェック』を直前まで何度もくり返し解き、年号は確実に覚えるようにしました。

私が受験において大切だと思うことは二つあります。一つ目は、なるべく早い時期に受験モードに切り替えることです。自分に妥協せず、余裕をもった学習をすることで、精神面でもゆとりを持てると思います。二つ目は、夏休みに全力で頑張ることです。一般的に「夏を制する者は受験を制す」という言葉が有名ですが、これは一理あると感じます。私は夏休み中、朝、家で勉強した後、開館と同時にSAPIXに行き、閉館時刻まで自習するという生活を送っていました。この生活はつらかったですが、乗り越えることで自信がつきました。

受験勉強は長く、大変なものだと感じるかもしれませんが、合格発表の日に自分の番号を見つけたときの喜びは、絶対に忘れられません。

最後に、分かりやすく親身な指導で私を合格へと導いてくださったSAPIXの先生方、本当にありがとうございました。

ページトップへ