ようこそ校舎へ! 西宮北口校

“可能性を広げる塾”

「西宮北口」と言えば、ある住宅・不動産情報サイトの「住みたい街ランキング(関西圏)」で、2013年から連続して1位をキープする、関西でも屈指の人気エリアです。「西宮市の大きな特徴は、大正時代から宅地開発が進められた高級住宅街が複数あることです。また、近隣には灘、甲陽学院、神戸女学院など、関西を代表する私立中高一貫校があります。それらが相まっているのでしょう、教育熱心なご家庭が多いように感じます」と話すのは、西宮北口校室長の佐藤正明先生です。

同市内にはJRや阪急などの各路線が東西そして南北に走っていますが、西宮北口校は阪急神戸線と阪急今津線が交差する西宮北口駅から南に徒歩3分という便利な場所に立地します。そのため、通塾圏は比較的広いとのことです。

そんな西宮北口校には、関西の私立・国立上位校を狙う生徒と、保護者の方の仕事の都合などにより、関東での進学を考えている生徒がいます。関西では公立校も大学合格実績で健闘していることもあり、公立校突破を目指す進学塾が目立ちます。そんな中、西宮北口校では公立校だけを目指すような指導はせず、私立・国立上位校にも十分合格できるだけの指導を心がけています。

「目標を公立校だけに絞ってしまうのはもったいないと思います。私たちは志望校の選択肢を広げることで、より高みを目指せるように指導しているのです。実際、私たちに指導をお任せいただいたことで、入室当初には思いもよらなかったレベルの高校に合格できたケースが少なくありません。その意味で、私たちは西宮北口校を“可能性を広げる塾”と考えています」

地元志向も関東志向も

先に述べたように、西宮北口校には関東での進学を考える生徒も集まります。これは東京に本拠を構えるSAPIX中学部ならではの強みと言えます。交通や通信手段の発達により、日本は狭くなったといえども、関西では関東の高校受験事情のナマの部分はなかなか分かりにくいもの。そこで真価を発揮するのが、開成高、早慶高(早大学院、早実高、慶應女子高、慶應湘南藤沢高など)をはじめとする私立難関校に高い実績を残してきたSAPIX中学部の受験指導ノウハウなのです。

地元志向と関東志向の両者を高いレベルでサポートする西宮北口校。そうした類例のない校舎をリードする佐藤先生のモットーは「生徒の自主性をある程度尊重しつつも、その時々の状況に合わせて適切な課題を出し、最終的に志望校や学力の幅を最大限まで広げること」。

公立校を目指す塾から転塾してくる生徒が、時折います。その塾ではトップ層にいたとしても、SAPIXでは学習に苦戦するケースもあります。「そんな生徒に『今はテキストのここを徹底して理解しよう』などと適切なアドバイスを提供することにより、予想以上に伸びることもあるのです。中学生の伸びしろにはよく驚かされています」と佐藤先生。

高校受験は生徒にとって、何としてでも乗り越えなければならない大きな壁となって立ちふさがります。しかし、志望校に合格することがゴールではありません。

「高校受験は生徒にとってあくまで通過点。そこで終わってしまっては困ります。高校受験で一回り大きくなってほしいと思っています。解けなかった問題が解けるようになった、自分自身で時間を管理できるようになった。西宮北口校をぜひ、そんな成長の場にしてください」

SAPIX中学部 西宮北口校 校舎情報

対 象小5生 小6生 中1生 中2生 中3生
所在地〒663-8204
兵庫県西宮市高松町4-37 中林ビル西宮 1F Googleマップで見る
電 話0798-69-1788
交 通阪急神戸線・今津線 西宮北口駅徒歩3分
校舎地図

資料のご請求はこちら 校舎一覧はこちら

ページトップへ