ようこそ校舎へ! 町田校 リニューアルオープン特別編

ページ: 1 2 3

生徒の世界を広げ、意識させる
SAPIXは未来への“道しるべ”

町田校としてのターゲット対象高校を尋ねると、糸田先生は「生徒の第一志望校すべてがターゲットなので、どこと限定的に考えたことはありません」と述べながらも、「やはり開成、早慶、国立大附属校、都立では日比谷、西、新宿、八王子東、立川、町田など、神奈川県立では横浜翠嵐、湘南などが志望校として挙がってきます」とのこと。

これらの学校を目指すうえでの対策として、「問題の傾向やそれを解く生徒の性格なども関係してくるので、一概には言えません。ただ、あらゆるテストのデータや日々の授業の理解度などを踏まえ、生徒自身の得意・不得意を把握しつつ、効果的かつ効率的な勉強法を個別に提供するようにしています」と、細やかに指導することを強調しています。

町田校の生徒は、小田急線、横浜線とも広いエリアから通ってきます。校舎の近隣の学校であれば同じ中学校から複数の生徒が通っていますが、それ以外の生徒は学校が異なります。

他校の生徒と触れ合ったり、さまざまな高校の情報を得たりすることで、生徒は自身の世界が広がり、自分の進みたい環境を考えるようになるもの。糸田先生は受験生活を通しての生徒の変化をそう指摘したうえで、「SAPIXは“道しるべ”のようなものです」とたとえてくれました。

最後に保護者の方と生徒に対するメッセージを。

「保護者の方にSAPIXの理念に共感していただいたうえで、二人三脚でお子さんの夢をかなえてあげたいと考えています。また、お子さんにとって、無駄になる努力はない、と断言します。頑張って勉強すれば、それは必ず人生で役立ちます」

糸田先生の合格を呼び込む必殺ワザ モチベーションマネジメント

入試日が迫ると、糸田先生は「受験へのモチベーションをキープできるよう、受験生一人ひとりに対し、私なりに分析した生徒の長所・短所を踏まえ、試験当日までに留意するべき言葉を贈っています」。昨春、私立のトップ校に合格したある卒業生は「試験会場でその言葉を思い返すと、勇気が湧いてきました。絶対に合格してやると思いましたね」と振り返ってくれました。

糸田先生は、中学時代に彼が選択したことを踏まえ、この受験生には「それが正しかったと証明するには自分の努力で合格を勝ち取るしかない。あのときの判断は正しかったと胸を張ることができるよう、後悔のない受験をしなさい」という言葉をプレゼントしました。

その結果、「ここまで勉強したんだから、これで不合格だったら仕方がない」という境地に至るまで勉強したようで、偏差値的には大逆転と言っていい合格を勝ち取ることができました。

このエピソードからは生徒一人ひとりをきめ細かく見守っている糸田先生、ひいては町田校の姿勢が伝わってくるといえそうです。

SAPIX中学部 町田校 新校舎(2017/4/5~)情報

※2017年4月4日(火)は、校舎移転のため休校いたします。
対 象 小6生 中1生 中2生 中3生
所在地 〒194-0022
東京都町田市森野1-36-9 町田森野一丁目ビル 4F Googleマップで見る
電 話 042-732-2411
※電話番号に変更はありません。
交 通 JR横浜線・小田急線 町田駅徒歩3分
新校舎地図(2017/4/5~)

※新校舎はSAPIX小学部と同じ建物です。

« 前のページへ 1 2 3 次のページへ »

ページトップへ