2021年・32期生 保護者体験記
「信じる者は救われる」匿名希望さん(早稲田大学高等学院 進学)保護者様より

「よっしゃあ~~!」 学校から全速力で帰宅し、第一志望校の合格を確認した息子は雄叫びを上げました。そして息切れしたまますぐに所属校舎と、科目担当の先生方の校舎に報告し、先生方にも喜びを分かち合っていただきました。

息子がSAPIXに入室したのは小6です。他塾にも通っていましたが、中学に上がるタイミングで息子自らSAPIX一本に絞ることを決めました。「SAPIXなら自分のいきたい高校へ必ず入学できる」。先生が仰ったこの言葉を信じて。

部活も忙しく、与えられた課題もきちんとこなせない時期もありました。特に学校のテストと重なる時でもSAPIXは多くの課題が出るため、両立にとても苦労していました。「辞めたい」と言うことも度々ありました。反抗期ということもあり、いら立つ息子に「だったら辞めれば?」と突き放したこともあります。でも冷静になると、あの時の先生の言葉を思い出し、自ら続けることを選びました。

息子は、得意な英語と国語のおかげで応用クラスに所属できていましたが、数学はずっと苦戦していました。そんななか、新中3のクラスになる頃、世界はコロナが流行し、緊急事態宣言が発令されました。学校もSAPIXも休校となり、動画配信、双方向オンライン授業への切り替え。自宅学習で全くやる気が出ない息子はゲーム三昧……。このままで大丈夫なのか不安な毎日でした。しかし、今思えば先生方が一番不安だったことと思います。室長先生は何度も電話をくださり、その都度、息子を叱咤激励してくださいました。

そして、教室での対面授業が再開されてしばらくすると今までのツケが回り、クラスが下がってしまいました。でもそのおかげで、なかなか手放せなかったスマホもようやく自ら封印。やっと受験モードに切り替わることができました。苦手だった数学は毎週残って先生に質問し、帰宅後、もう一度復習。一進一退ではありましたが、数学を「楽しい」と言えるようにまで成長することができました。

思えば息子が4年間もSAPIXで頑張れたのは、先生方に対する強い尊敬と信頼の気持ちがあったからだと思います。口数が少ない息子ですが、SAPIXの先生方のスキルの高さ、授業の楽しさはよく話していました。そんな尊敬する先生方の教えを信じて、忠実に守った結果こそが合格なのだと私は確信しています。

4年間、息子をご指導してくださった多くの先生方、本当にありがとうございました。

ページトップへ