2021年・32期生 保護者体験記
「3年間を振り返って」匿名希望さん(関西大学第一高校 進学)保護者様より

もともと高校入学を機に関西に戻ることを検討していたため、関西にも校舎がある塾をいくつか見学しました。そのなかで娘が、SAPIXの教え方が一方的ではなく授業が面白かったと語ったのを今でもよく覚えています。小学生に、しかもたかが数回の授業の体験でそこまで違いが分かるものだろうかと思いつつも、本人の意思を尊重しお世話になることになりました。

新しく始まった中学校の授業や部活との忙しい日々に加え、娘にとっては初めての通塾。SAPIXの授業についていくだけでも大変だったと思います。いつ弱音を吐いて投げ出すかと思っていましたが、持ち前の負けず嫌いな性格と先生方の厳しくも温かいご指導のおかげで少しずつ成績も上がり、気が付けばSAPIXの授業にもついていけるようになっていました。

中学生特有の反抗期を迎え親との会話も少なくなるなか、先生が「お子さんに直してほしいことがあれば私から伝えます」と緩衝材となっていただいたことはとても心強かったです。それも普段から先生方が娘のことを気にかけてくださり、信頼関係が築かれているから言えるのだと思います。

コロナ禍で中3となり、緊急事態宣言下での突然の休校など体調の管理やモチベーションの維持に気を使いました。先生方にとっても初めての経験でご苦労されたことと思いますが、SAPIXでは早々に双方向オンライン授業に切り替え、励ましの電話などもいただき、何とか乗り越えることができました。周りの子と違う受験制度や日程で戸惑うことも多かったですが、先生方のサポートもあり落ち着いて受験できたと思います。

志望校に合格したことももちろんですが、SAPIXでの3年間で娘が学ぶことの楽しさを経験できたことが最も大きな収穫だと思います。そしてそれは娘にとってこの先も大きな自信となることと思います。

3年間お世話になり、本当にありがとうございました。

ページトップへ