2021年・32期生 保護者体験記
「SAPIXに入室してからの3年間」H.Sさん(東京工業大学附属科学技術高校 進学)保護者様より

精いっぱい取り組んできた中学受験、本人の納得する結果に至らなかったものの気持ちの切り替えが早く「SAPIXでリベンジする!」と言い出した息子。すぐに入室しどれだけ頑張るのか親も期待していました。最初のころはSAPIXが楽しく、授業も分かりやすく張りきっていたものの中2のころから本人の自信があった数学につまずき、テキストの提出も次第に遅れスランプに陥ってしまいました。そこからいろいろな壁にぶつかり、思春期ならではの反抗期に突入。イライラしながらの勉強なので当然結果は出ません。悔しさいっぱいだったと思いますが、根はSAPIXが大好きな息子。休むことなく通い続けました。私たち親との会話がろくにできず先生方には何度も相談させていただき、その都度フォローをしてくださったおかげで苦手分野を克服してからは少しずつ課題もこなせるようになっていきました。

ただ反抗期は落ち着かず、まともな会話ができないので志望校の話もしっかり進められません。やはりそこでも先生方に相談し息子とじっくり話をしていただいたのはもちろん、三者面談もたびたびしていただきました。中3に入り、リベンジすると言った息子はどこへ……。まだマイペースに過ごす日々。いつになったら本気を出してくれるのか不安な時期を過ごします。学校見学にも行き、資料も取り寄せたもののマイペースに過ごす姿は変わりません。逆に親が焦ってしまいそうでしたが、その気持ちを抑えて普段と変わらない声掛けを心掛けました。そうすることで息子の態度にも変化が表れ志望校について話すようになり、時間は掛かりましたがようやく志望校が決まりました。

そこからは苦手な英語との向き合い方、勉強法などをより指導していただき、勉強への取り組み方も変わってきました。勉強面だけでなく、精神的なサポートも十分にしていただいたおかげで、十分な準備を終えて受験を迎えることができました。今年はコロナの影響で受験がどうなっていくのか不安だらけでしたが、無事その日を迎え受験直後も「できた!」と自信たっぷりに言った息子。実際に合格をいただき、今までの努力が報われました。

この3年間を振り返ると親子ともども苦しい時期が多かったものの、その都度先生方がサポートしてくださり、またSAPIXの仲間たちと切磋琢磨し最後まで頑張りきることができたのだと思います。マイペースな息子に最後まで向き合ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。SAPIXに入室して良かったです。本当にありがとうございました。

ページトップへ